シール式のタトゥーはある意味一般的?になっているようですが、一歩進んで、回路を組んだ光るタトゥーが登場しています。

以前の記事で、直接光源を体に埋め込むものはありましたが、これなら(ある程度)より気軽にできそうですね。
あとは道具とアイデア次第、といったところでしょうか。

ナイトスポットでこれから流行る(もう流行ってる?)気がします。

別にネオンタトゥーというのもあるそうです。
http://spotlight-media.jp/article/144699655459311822
良くある光をためておくやつですね。ハロウィンなどに使えるシール型もあるようです。

カラーセンサーはちょこちょこと色々なところで使用されていますが、イベントなどでよく見かけます。 でもこれはインテリアに使用した例。 2016-1125-7201-0 http://www.checker-s.com/news_eW8sdWTfBq_460.html 以前もどこかで同じようなものを見かけた覚えがありますが、それでも。 ありそうといえばありそうですが、遊び心を取り入れたちょっと気になる製品です。 ムギュっというところも。 詳細ページ https://www.donya.jp/item/74252.html

光る靴といえば、オルフェなんかが有名ですが、それとはまた違ったアプローチの光る靴を発見。

https://www.indiegogo.com/projects/vixole-world-s-first-smart-customizable-e-sneaker-fashion-technology#/

xlbtaewkhqum6kgd4uye

モーションセンサーなどのほか、自分で作った絵柄などを表示したり、VRなんかにも対応させようとしています。

特に作成した絵柄を表示させるのは、明らかにオルフェなどとは一線を画すコンセプトで(当たり前ですが)、ハイテクかつインタラクティブな光る靴がより(エンターテイメント・アミューズメントから)日常使える、あるいは使いたい方向へと変わってきていることが分かります。

筆者が関わったこの靴もそうですが、(直接的・間接的を問わず)誰かと、あるいは何かとコミュニケーションが取れるモノでないと受け入れられなくなってきていることを実感します。

また、いつも使うものは『いつも使えるもの』であればなお良しといったところでしょうか。

上記のvixoleはなかなかどうして注目です。

以前の記事で100台使用したものがありましたが、今度は500台です。
動きも前回よりより複雑に、より美しくアーティスティックに空に光が広がっています。

一見の価値あり、です。

http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/technology-innovation/videos/drone-shooting-star-video.html?wapkw=drone+500

次は1000台?それとも複数の地域で飛ばしてそれを集中管理するとか?楽しみです。

ところでこんなのもありました。これはこれで面白い。

ふと思い出して改めてウイキペディアを。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3#.E8.B5.B7.E6.BA.90

日本では1900年と、100年以上の歴史があります。

世界でいうと16世紀(1500年代)だとか。もちろんその時代はロウソクで。

今でもロウソクを効果的に飾るところがありますが、そういう意味ではイルミネーションは昔から変わっていないんですね。
変わったのは名前だけ。人が夜の光に魅せられるということは今も昔も同じなんです。

永久、ではないですが、何もエネルギーが必要ないということで。
必要なのは人間の体温だけ。
LEDの素子の寿命がそのままLumenの寿命になりえるということでこれまでの発光原理とは一線を画すシロモノだと思います。

40ff34d0e23679cd73a888f7078ffe01_original
af6505c97807358d3bb007c8164566e5_original
c5ff2a59ca45ebd53f72495cb2ce03b2_original

更に見た目も結構かっこいい。

LuDela

https://youtu.be/1ayoxYoCUSo

振動などですぐ消えるようにしてあったり、
今までのろうろくの欠点(安全性など)についてテクノロジー(センサー)を使ってカバーしているあたり、
よく考えられていて。

更にプロモーションの映像からも伝わってくる安らぎ感。
ろうそくの明かりはやはり安らぎますよね。

それが気軽にスマホから点灯・消灯などができるって素晴らしいと思うんです。

ちょっと高めで、ちょっとサイズが大きめですが、色々な香りのタイプもあってとても購入してみたい一品です。

clipboard01

シンプルなんです。ですが、面白そう。
更に色々な形で展開が可能ではないでしょうか。

天を衝くLEDチューブ、見た目はとっつきにくいアート、遊べば爽快なアーケード。

今年のゲームショウMVPはこれだ! 逆転の発想で作られた「1D(1次元)」ゲームがまさかの大人気

ぜひ機会があれば遊んでみたいです。

光る靴orpheが一般発売になりましたね。

つぶやきに似た感想なんですが、姿が結構普通になってしまいましたね。。。
もう少しわくわく感が残っていれば4万以上する金額も気にならないかもしれなかった。

https://youtu.be/xdPiXniScng

a3b71edc49931dee725db4bfa365dc04_original


URI Led Light Bulb I Solar System Modern Lamp

点灯した姿が美しいです。
ただ球状ではなくて、レーザーカッターで切り出したものを組み合わせた形状をしているので、消灯時にどう見えるかが少しだけ気になります。

それでも美しいと思います。

f59be1f974464712eb6a084f64b7252b_original

電球の形はなんというか、ノスタルジックに感じるところもありそれは色々な形状・光源は違っていても
人を惹きつけるモノなんですね。

題名のような動画が上がっているのを見つけました。

電球一発で80A以上です。

日本の100vで20000wだったら200Aですね。電球一個で恐ろしい。。。
200v以上あげるともう明るすぎて動画だと真っ白です。

ほぼ太陽! 部屋で「20000Wの電球」を点けるとこうなるって動画


8分あたりから点灯の様子が分かりやすいです。

いつか使ってみたいかもしれません。あと、そんな電球が存在することが驚きです。

今までRGBの3in1のテープライトはありましたが、これは4in1のテープライトです。
RGBに加え、W(ホワイト)が1チップに搭載されています。

IMG_2462

今までのテープライトより更に調色性が増し、表現の幅が広がります。1チップですので、色の混ざり具合も綺麗です。

IMG_2463


1チップにRGBW.

Clipboard

RGBでは苦手だったアンバー系やパステル系も容易に表現できます。

Night Wave
光の海プロジェクト

「大人な楽しみ方」を提示したライトアップ。
パイフォトニクスさんの機材が使用されています。あの超挟角やレインボースポットなんかを販売されているところですね。

波の近くだと影になってしまうかもしれませんが、とてもきれいなライトアップの仕方だと思います。

記事を一つご紹介。
まるでモルディブの青白く光るビーチ!「NIGHT WAVE」が、今日から湘南エリアで開催

GEMIO

The Customizable Smart Band that Lights Up Your Night

光るだけではなく、充電が非接触式だとか、サインもアプリを使ってブレスレッドどうしで送れるとか、なかなか使っていて楽しそうなガジェット感もあります。
模様も多種かつ綺麗なので一つ欲しくなってしまいます。(二つないと意味ないかもしれませんが)

お値段1万円ほど。

音や動きに合わせて光るスマートブレスレット「Gemio」--秘密のメッセージ送信も