madrix reliable partnerとして掲載されました。

現在LEDのソフトウエアとして世界で名を馳せているMadrix.

そのオペレーターパートナーとして日本で唯一(2019年8月現在)認められました。

改めてエンドユーザー向けのライセンス契約を読み、その趣旨とイデアを理解いたしました。

これからも革新的な手法で精進していく所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。

madrix ゴングさん連載まとめ

2014年からのゴングさんに掲載されている記事をまとめました。

※おおよそカテゴリ毎に分けましたので時系列は前後してある場合があります。

※2018年5月以降の記事はバージョン5が基本になっていると思います。(それ以前は3)

-ゴングさんドイツでのmadrix講座

2019年06月13日 madrix講座 受講レポート6:チェイサー機能

2019年06月07日 madrix講座 受講レポート5:グルーピング設定

2019年05月31日 madrix講座 受講レポート4:3Dオブジェクトへのパッチ 

2019年05月27日 madrix講座 受講レポート3:アドレス不明fixtureへのパッチ

2019年05月21日 madrix講座 受講レポート2:様々な便利機能

2019年05月15日 madrix講座 受講レポート1:概要

-エフェクトパターン出力

2019年05月17日 fixtureへのエフェクトパターン出力3 

2019年05月13日 fixtureへのエフェクトパターン出力2 

2019年04月26日 fixtureへのエフェクトパターン出力1 

-Cue List

2019年01月25日 Cue List 10 まとめ

2019年01月21日 Cue List 9 タイムコード連携

2019年01月15日 Cue List 8 保存および読込

2019年01月08日 Cue List 7 再生(自動/フェード)

2018年12月25日 Cue List 6 再生(自動/時間)

2018年12月18日 Cue List 5 再生(自動/日付)

2018年12月12日 Cue List 4 再生(マニュアル)

2018年12月06日 Cue List 3 編集

2018年11月29日 Cue List 2 追加

2018年11月21日 Cue List 1 概要

-DVI出力

2018年11月15日  DVI出力 10 まとめ

2018年11月09日  DVI出力 9 DVIとDMX(Artnet)の同時出力

2018年11月05日  DVI出力 8 DVIとDMX(Artnet)の出力2

2018年10月29日  DVI出力 7 DVIとDMX(Artnet)の出力1(パッチ)

2018年10月23日  DVI出力 6 設定4 previews内項目

2018年10月17日  DVI出力 5 設定3 previews内項目

2018年10月11日  DVI出力 4 設定2 previews内項目

2018年10月04日  DVI出力 3 設定1 previews内項目

2018年09月27日  DVI出力 2 previews

2018年09月20日  DVI出力 1 概要

-Fixture Editor

2018年05月24日 オリジナルフィクスチャー作成4

2018年05月13日 オリジナルフィクスチャー作成3

2018年05月11日 オリジナルフィクスチャー作成2

2018年05月07日 オリジナルフィクスチャー作成1

-トラブルシューティング

2018年01月26日 複数ユニバース送出時 各ポートの設定

2018年01月10日 使用PC変更に伴うIP設定

2017年11月24日 Artnet出力 : IPとネットワーク

2017年08月29日 グラフィック改善(ドライバ更新)

2016年03月22日 USBメモリ認識

-Tips

2017年12月25日 DMX Fader Tool : 簡易的なDMX(ArtNet)出力

2018年05月22日 動画ファイルの音声再生(バージョン5~)

-madrix を外部DMXから制御

2017年12月19日 UserConfiguration

2017年12月13日 概要

-ノードの設定

2017年12月07日 入力(artnet remote)

2017年11月30日 madrix製品 / EtherMX

2015年01月12日 EtherMX

-SMPTE

2016年09月30日 SMPTE機能

-Cue

2016年09月28日 概要

-patch editor

2016年05月06日 3D オブジェクト

2013年10月09日 LEDキューブのパッチ

2016年04月21日 2D オブジェクト

2016年02月17日 fixture レイアウト

-matrix generator

2016年02月12日 group 機能

2016年05月06日 概要

-セットアップ

2014年05月26日 matrix generator2

2014年05月16日 matrix generator

-ArtNet設定

2014年12月21日 ArtNet設定

DIAHEARTに接点機能。他予備機能・個別IPユニバース送信もつきました。

ダイアハートに接点呼び出しの機能がつきました。

また、希望を出したところ、すぐにバイナリ呼び出しの機能と、個別IPに特定のユニバースを送る機能も追加でつけていただけました。まさに脱帽です。

予備機能も「なるほど」という感じです。復帰時に動作がどうなるかはまた検証してみないと(お聞きしないと)分りませんが、

これで益々使い勝手が良くなりました。

クワテックさんありがとうございました!!

DIAHEARTのゴングさん連載まとめ、更新しています。

xLights

xLight、日本ではまだ馴染みがないですが、アメリカではLight-O-ramaと同様に使われているソフトです。
最近xLightを研究していますが、これは良いですね。

About xLights

PCで使用するにはちょっと不安ですが、様々なデータのコンバートもできますしとても良い感じです。
xlightsの日本のユーザーさんと是非繋がりたい、と思っています。

DMX対応基盤類 価格改定

大変恐縮ですが昨今の情勢に鑑み、
この度、弊社取扱いの基盤類につきまして、下記要項にて全面的に価格を改定させていただきます。(定価を設定させていただきます。)

苦渋の決断ですが、お付き合いのある皆様には可能な限り皆様にお安く提供できるよう仕切らせていただきます所存ですので何卒今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

【定価】
AC8chイルミネーション用基盤(LSA100-DMX8-1A):44500円
DC9~12v用15ch基盤(LSA-DMX15-DC) :39800円
SSR4ch基盤(LSA-DMX4-SSR) :49800円
Relay4ch基盤(LSA-DMX4-RY):36500円

ご購入は下記ECサイトからお申込み下さい。
https://lasens.thebase.in/

基盤類の詳細については下記ご参照ください。

DMX基盤ラインアップ

以上何卒よろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。

2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

振り返って 昨年の主な案件を3つ。

1、googlepixel presents表参道 イルミネーション

  原宿~青山通りの欅並木150本を動かしました。
  http://omotesando.or.jp/illumi/

2、アルプスあづみの公園 アルプス一千のきらめき
  (+信州連携イルミネーションスタンプラリー)
  
  日本一を2箇所に作りました。
  http://www.azumino-koen.jp/index.php
 (+スマホでイルミネーションを動かしながら、県内5か所を巡るスタンプラリーを開催しました。
  ※コンプリートすると、5地点すべてのシンボルイルミが光輝き音声で祝福をしてくれます。)
  http://stamprally.org/s/9432

3、グリーンランド フェアリーダンス
 
  全長100mのピクセル演出をしました。
  合計250ユニバース,10万チャンネル。
  http://ur0.work/OXbD
————
その他のイルミネーション関係、舞台照明関係、演出照明関係などなど。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

LOR showtime5

今回のアップデートは大型です。今までで一番かもしれません。
スーパースターとpixcelEditorがある意味統合され、非常にパワフルなものになっていますね。
それにかゆいところに手が届く変更もいくつか散見されてもっと使いやすいものになっていると思います。

http://forums.lightorama.com/topic/46469-light-o-rama-version-5020-released-as-an-open-beta/

いまだベータ版ですが、正式リリースまではこちらを使ってみようと思います。
ソフトウエアの進歩に比べてハードの方が若干遅い気もしますがそれはしょうがないことなんでしょう。

ESAPROも2が出ますし色々と楽しみです。

舞台照明器具シューティングアプリ

こんなアプリがありました。

ParWars

ios版もあります。

パーウォーズといっていますが、自機はソースフォー。(パーじゃない)
それもジュラケースに入ってやってきます。笑えます。
敵がパーライト等になってます。

なかなか難しい。。
舞台照明系の皆さん、現場で嫌なことがあったらぜひプレイしてパーライト(やその他の器具)を破壊してみてはいかがでしょうか。