カテゴリー: 照明のアプリ

舞台照明器具シューティングアプリ

こんなアプリがありました。

ParWars

ios版もあります。

パーウォーズといっていますが、自機はソースフォー。(パーじゃない)
それもジュラケースに入ってやってきます。笑えます。
敵がパーライト等になってます。

なかなか難しい。。
舞台照明系の皆さん、現場で嫌なことがあったらぜひプレイしてパーライト(やその他の器具)を破壊してみてはいかがでしょうか。

iphone/ipad用舞台照明アプリ追加とまとめ


LightCalc

LightCalc LITE
角度と距離を入れるだけで照射範囲を教えてくれる。
ただ、以下のものの方が使いやすいかな。

BeamCalc
でもLuminairを超えるものはなかなか出てきませんね。
対抗馬はLightLogicぐらい?でしょうか。

Luminair(iphone)

Luminair(ipad)

LightLogic
今まで掲載したアプリは以下に。
舞台照明用アプリ【おすすめ編】
舞台照明関係アプリ2

舞台(照明)用語翻訳アプリ
gobo・ネタ アプリまとめ
以上iOS用。
アンドロイド(android)用アプリ2010年12月掲載。また更新したいとは思っています。

ipad/iphone用、舞台(照明)用語翻訳アプリ。

舞台で使う用語集。海外で舞台照明の仕事をする方、あるいは海外の方と仕事をする方、必携。
Theatre Words WE

英語はもちろん、日本語の他に、
フランス語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、スペイン語を掲載。
通訳さんがいる場合でも舞台用語を知っている人は少なく、事物を伝えるのに苦労した経験がある方もこの業界は多いはず。そんな時も大変役立ちます。


本家HP
全部で24言語を網羅するゴールド版も。
Theatre Words GE

DMX/舞台照明関係アンドロイド(android)用アプリ(app)その2

android用app(アプリ)の記事を書いてから早一年。久しぶりにネットで調べてみました。
めぼしいものを以下にご紹介します。
luminosus(ARTNET Lightdesk)
ドイツ語・・・ですが今英語化に取り組んでいるとか。また、説明によるとシーンやチェイスも組めるようです。
ですがアルファ版としての位置づけで全ての機能が動作するかどうかは未検証とのこと。

Artnet DMX Controller (FULL)
フリー版とフル版がありますが、フリーが16chまでなのに対し、フルは512chまで(つまり1universeまで)操作できるようです。
スライダーでもキーパッドでも入力可能なよう。10ドル。

O.T. DMX Assist
http://www.gloininteractive.com
DMXのカリキュレータは数ありますが、これが優れている点はfixtureのライブラリの豊富さ。3ドル。

Dmx Calculator v1.89
これも同じですが、ライブラリは少し少なめ?無料。

StageHand Pro
これの優れている点は、dipswichカリキュレータの他に、ビームの計算や、カラーフィルター(gel)の各メーカーの比較も出来る点です。1ドル。

LD Tools
dip swich calculatorの他オームの法則等の計算も付いてます。無料。

Lighting Handbook
iphoneのアプリでも有名。情報豊富。ある意味王道。2.99ポンド。

Swatchbook
カラーフィルターの比較・図鑑に特化したアプリ。gam,lee,appllo.roscoと標準的なメーカーがそろってます。99円。

—-
全体の印象は、iphone、ipad用アプリの方がひとつひとつが良く出来ているなあという印象。
有象無象の中から良いアプリを探すのはandroidでは大変そうです。
単体でartnetでの出力が出来るアプリもなかなかないです。使えそうなのはArtnet DMX Controller (FULL)くらいでしょうか。
Lumiere for ipadを超えるアプリはまだ無いのでしょうか。
Luminair (DMX lighting control) – Synthe FX

DMXモニタリングアプリの決定版

DMX Assistant
マック限定なのですが、Art-Netも対応していてユニバース毎に見られるというのが、イイです。
doctorMX(ドクターMX)でもある程度モニタリングは可能ですが(この機能だけでも特筆ものです)
ユニバース毎の管理はやはりできません。
アプリとしては少々高めですが、機能的には現時点では申し分ないかと思います。

LSi(Lightin&Sound international)のアプリ他

最近照明関係のアプリで気に入ったものをいくつかご紹介。
LSi-View – PageSuite Limited

LSiのバックナンバーがオンラインで読めてしまう、しかも無料で。
なかなか雑誌を買う機会はなかったので個人的にとてもうれしいです。Plasaの話も豊富。
ツイッターのアカウントも更新が結構されていてお勧めです。
Map of Light – Zumtobel Lighting GmbH

zumtobelのlight mapも面白いです。
カタログはカタログで良いのですが、やはりlight mapがなかなか秀逸。
メーカーもクロスオーバーして、これで誰でも登録できるようになったら良いのに。
あかり専科AR – KOIZUMI Lighting Technology Corp.
小泉照明のあかり専科。カタログ。

ipad,iphone,ipod用アプリ(カラーフィルター&ゴボ)

なかなか面白いアプリをご紹介。
主に演出照明・舞台照明用なんですが。
カラーフィルター検索&図鑑
Gel Swatch Library

ゴボ検索&図鑑
Moiré Gobo Library

カラーフィルター・ゴボは、色々なメーカー(残念ながらポリカラーはありません)のものを収録してますので、
たとえばISwatch(カラーフィルター)ですと、色の波長で、どのメーカーのどの色が別メーカーのどの色と酷似しているか、反対色はどれか、等色々検索できたりします。
Moire(ゴボ)の方は、スピンやフォーカスなどもシュミレートできたりして、使用したことのないゴボのイメージをつかむのに役立ちます。ツインスピン設定もあり、なかなか見てて飽きないです。
さらに上記二つは連動しています。
参考動画作ってみました。

ただ、ゴボは残念なことにROSCO(DHA)が入ってません。
独自にアプリを出しているので、ROSCOを使用している方は下記からダウンロードしてください。
シングルスピンがシュミレート出来ますが、ツインスピン及びフォーカス機能はありません。色も付けられませんが、iSwachにない機能として、二つのゴボを並べて見比べることができます。
myGobo – Rosco Laboratories, Inc

見てるだけでも十分その道の関係者にとっては楽しめる、そんなコアなアプリを折に触れご紹介していきたいです。
なお、iSwatchにはipad専用のSwatch HDがあります。
Gel Swatch Library HD – Wybron, Inc.

iSwatchよりも細かい設定や検索が可能です。ただゴボとの連動機能は無くなってます。

---------------–
ipad/iphone用アプリはこちらにも列記してます。
http://lasens.exblog.jp/12049030/