長いし、通常よく使う場所に設置するには、なかなか使いづらいんじゃないだろうか。
あと、電球は停電時には光らないので、わざわざ暗い中まわして取らなければならない、ということを考えて設計者はこれを作ったのか。
常夜灯代わりのこういう方が明らかに便利。
TWINBIRD 停電センサーLEDサーチライト/赤外線センサー付 ホワイト LS-8556W
-----------------
明るさはこっちだけれども。
緊急時にはライトに早変わりするLED電球『Magic Bulb』
Magic Bulb 4W バッテリー内臓LED電球
http://www.checker-s.com/news_aGx2YFQo7q.html?ranking

一件便利そうだけど、どうなんだろ?120度が150度になったからといってどうなのか。
メーカーには需要があるのか。どうか。
-------------------
OSRAM Opto、放射角150度と広いLEDを発表、リフレクタを使った配光を容易に
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20101102/250456/
----------------------
シャープ LED電球600

http://www.gamonline.com/catalog/splitgel/index.php

自分がGAMメインで使っているということもあるんですが、舞台照明やってる人には面白いページです。日本でもここまで解説してあるのないんじゃないかな。ポリカラーとかは逆にこういうのどんどんやったらいいなじゃないだろうか。。

ただ、ハンズとかで買うとなんであんなに高いんでしょうか、ポリカラー・・・。
流通経路に問題があるとしか思えない。

ここ。英語なんですが、よくまとめられています。
http://www.onstagelighting.co.uk/lighting-design/lighting-design-software/iphone-apps-stage-lighting/
CUELUXなんかも売ってますね。どうなったんだろ。CUELUX。日本でもどこかの代理店がトップページに置いて宣伝してたような。どこだったかな。
あ。グラフィカさんだった。売れてるのかな~?
http://www.graphica.ne.jp/news/cuelux/index.html

これで寿命が同じ表記ですから、革新的といえます。
ただ、他有名メーカーがプラスティックボディを採用していないところをみると、
どこかにきっと穴があるに違いないのです。
(有名メーカーが検討していないはずがありません。)
今後に注目。いまさらですが寿命の話。
LED電球の寿命は約40000時間と表示されていますが、
これは24時間つけっぱなしにしていても4年半持つ計算です。
夜間のみ6時~12時くらいでつけているだけでしたら毎日つけていても、
4年半×4倍=18年。 ほんとうにそんなに持ちますかね。
プラスティックのボディなんかは、4~5年が関の山かと。。。
そうすると看板に偽りありですね。
はっ。アルミボディの方が長持ちするから、逆にいえばプラスチックは寿命まで持たないということもあるかも。でもそれだけじゃないと思いますが。
アイリスオーヤマのLED電球
-----------------------------
アイリスオーヤマ、プラスチックボディで50%軽いLED電球「ECOLUX」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20101027_402856.html