LEDも初期投資が済まないうちにやはり切れるという問題は出てきましたね。
ちょっとぐぐっただけでも数えきれないほど出てきます。
メーカー主導での光環境の創出がどれだけ危険か実証されているようなものです。
東芝にいたってはもう白熱電球作らないと言っていて、どんだけ自分の首を締めるのかと。
メーカーが長寿命と謳っているいうことは、これからどんどんLEDは頭打ちになる(特に家庭用は売れなくなる)ということで、売上おちるんですぞ。
そう考えると「切れる」ということはメーカーにとっては必要悪なのか。。。
まあそこまで意地悪く考えないとしても、一定の不良品率や輸送時の振動、また電源の状態や振動、取付位置やどの取り付けた器具の形状や使用あるいは頻繁なONOFFなどによってある程度は「切れる」という事象がことは容易に想像できました。
問題はその可能性を周知してこなかったメーカーの責任。
紹介しているURLにも書いてますが、消費者センターにも苦情が増えているようです。
個人的にはもうちょっとご家庭のLED化は待ったほうが賢明かと。
暗い、光が広がらなくてカベや天井が暗くなる、さらには重いという問題もありますし。
ちなみに我が家は全て白熱電球で、タスクライトでデスクスタンドにミニ蛍光灯がある程度です。
LED電球が切れた
http://www.diffshare.com/blog/archives/1592
LED電球が切れました
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=11448684/
LED電球が切れるのはなぜ
http://thepn.org/?p=302
LED電球切れる!
http://blog.goo.ne.jp/thiroi/e/9ee90897f993d8a1cae115b390b69583
人気LED電球の意外な落とし穴 「暗い」「重い」「切れる」と苦情
http://www.j-cast.com/2010/07/18071276.html?p=all
手頃な価格帯のLED電球

法の“空白地帯”でLEDトラブル、札幌市
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0E4E2E3858DE0E4E2EAE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
↑これはひどい例だけれども、多かれ少なかれこういう問題はあちらこちらで発生していると思われます。家庭にもLED電球が普及しつつあるなか、人体に与える影響がどれだけなのかも十分にされないままメーカー主導で一般に販売されているこの実情がどれだけ危険なのか。
それもわからないけど、ろうそくの光を見てほっとすることは、信じて良い感覚と思う。

消費電力を80%超削減したスタジオ用LEDライト、NHKと東芝ライテックが共同開発
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100908/351873/
↑この記事なんですが、
気になる点が二つ。
可搬式スポットライトにおいてその重量はとても大事だと思うのですが、
めちゃ重そう・・・。
180wクラスのLEDということで、ヒートシンクもかなりな体積になっていると思われます。
1000wのハロゲンフラッドライトって6kgくらいしかなかったと思うのですが※、多分10kgは超えていると思われ、可動を前提としたスポットライトでは、バトンの重量制限もあり、重さは致命的なのでは。。
また、可動式なので、設備と違ってある一定の衝撃に始終さらされる(移動時やフォーカス時)のですが、それにどれだけ耐えられるか。
寿命は7倍~10倍ということですが、そこまで持たないでしょう。
あと寿命10倍程度ではイニシャルコストとランニングあわせてもあまりメリット無いのではないかな。。。これは定価が無いのでなんとも言えませんが。
※東芝ライテックのHPで確認。5.0kgでした(クォーツブロードライト)
  重さは倍以上はいってるな。
手頃な価格帯のLED電球