LEDソースフォーのような製品のデモ

categories: ライティング

2月のある日、代理店さんがわざわざ見せにいらっしゃってくださりました。
LEDカッタースポット。
【良い処等・所見】
まず明るい。レンズをも商社距離もそろえて、手持ちのソースフォー(575w)と比べてみましたが、断然明るいです。あえて言うなら750wクラス。これで消費電力は230w。

また、ゴボやアイリスやマシーン系も入れてみましたが、特に不都合は見当たらず。レンズも26~50度といろいろと付け替えてみましたが同様です。
エッジもきれいにでます。
某安く売っているのが特徴のS社のアイリスが入らない(今は改善されているのでしょうか?)カッタースポットよりエッジや投影面は綺麗ですし、使用に不具合は感じられませんでした。重量が多少重いくらいでしょうか。
これで価格は本家ソースフォーの3分の2程度。レンズもついてきます。
(本家はレンズも別売りでそれがまた高い)
【気になるところ等・所見】
ただ、フェードイン・アウトはやはり既存の電球と比べると見劣りします。
点灯し始めも、1%で点灯するのは良いのですが、真っ暗な中で点灯すると多少ですが、明るさが目立ちます。ものによりますが、一般的に演劇等ではつらいのではないでしょうか。
あとは、ランプハウス周辺は熱い。ソースフォーよりは熱くないですが、それでもいい勝負です。
照射方向には熱はあまり出ていないようなので、ゴボ焼け等は少ないでしょう。
-----------
同時にLEDスポットライト(フレネル)の方も拝見。これの制御の性能はほぼ変わらず。
ただ、すごく広がります。FQ等より全然広がります。

色温度はどちらも3100k。カッタースポットは5600kもあるようです。