以前にも「フルカラー有機EL照明で広がる可能性」という記事で
VELVE™(ヴェルヴ)には触れましたが、
先日三菱化学本社の方で実際に実機を拝見。またヴェルヴについてお話を聞く機会がありました。
様々な事例をご紹介頂き、製品の仕様についてお話させていただいて、
フルカラー有機ELもこれからどんどん演出照明へ組みこまれていくという実感が持てました。
更に、DMXやDALI(DALIはまだ国内実績は少ないそうですが)で扱えるという利点があります。
建築照明の中にもすぐ採用できそうです。ただしケーシング等は案件毎に用意・相談する必要があるようです。
今をときめくフルカラー有機ELに直接触れることができ、この先案件毎に是非相談させていただきたいというお話も快く聞いていただき、貴重な時間を過ごすことが出来ました。
ご担当の方もとても良い方で、この製品への意気込みが伝わってきました。
何かフルカラー有機ELについてお知りになりたいという方がいらっしゃって、ただわざわざ三菱化学さんまで電話するまでもないようなことがありましたらブログ経由でも聞いて下さい。私にも新たな発見があるかもしれませんし、また私も自分の案件で合うものがあれば積極的に採用していきたいなと考えているところです。

商店建築 2012年06月号 有機EL特集掲載
次世代照明のキーテクノロジ -LED・有機EL・FED- (『Technology direction』シリ-ズ)
Lumiotec 白色有機EL照明 HANGER

nterop Tokyo 2012:サイバートランスジャパンがPHSや3G回線を利用した「クラウドLEDによる照明省エネ制御」を展示【レポート】
http://getnews.jp/archives/226085

------------------------
クラウドLEDっていうネーミング勝ちです。
ブラウザのインターフェースも全然カッコ良くないですし。
ipadやiphoneからはもう何歩も先いってますし。
ただ、PHS回線ということだけは、これから有効性が実証されていくのでしょう。
あとブラウザベースにする必要があるのかどうか。確かにアプリはインストールが必要ですが。
ただ、ブラウザベースにすると認証確認をいれなくてはならないのでは?
その方が面倒くさいと思うのですが・・・。それとも端末登録制?にするはずもないし(ブラウザベースの意味がなくなる)
PHS回線、という以外はなんかこの記事のモノは片手落ちのような気がするのですが、気が付いていないヨイトコロあれば教えてほしいところです。
でもちょっと流行りそうですね。クラウドLED。

JLEDS(LED照明推進協議会)シンポジウム2012という記事が目に入りまして。
そこで講演する方のトップに来ているのがエピスターの会長さん。
ということで少し気になったのでHPで見てみると。
会員企業一覧に日亜化学工業の名前が無い。設立は平成19年。
あー。
LED照明推進協議会については今までまったくノーチェックでしたが・・・。
少し注視してみることにします。
http://www.led.or.jp/index.htm
LED照明推進評議会 発刊の書籍
LED照明ハンドブック(改訂版)

LED照明信頼性ハンドブック

一方照明学会のコンパクト版 照明ハンドブック

当ブログでも、【LED】直管型・電球型 ( 38 )カテゴリーでいくつか触れてきましたが、ここにきてやはりひずみが出てきましたね。
以前の記事で、『
日本電球工業会よりガイドラインが発表され、全光束以外での表記が難しくなった(電球60形相当と表記するには全光束810lm以上が必要)』となった表記がありましたが(2010年10月)、メーカーは無視していたのかどうか、あるいは製造元があえて触れずにロットの違うLEDを使っているうちに明るさが下がっていったのか・・・。
いずれにしても、詐欺には違いありません。
ただし、一方的にガイドラインを設定されたメーカー側もいいぶんがあるのだろうとは思います。
そもそも「○○W相当」とは、あくまでも「目安」にメーカー毎に表記をしていたのであり、工業会がそこに切り込むのであれば、『ルーメン数・ルクス数を明記・併記する』と決める方が先でしょう。
どちらにしてもメーカーには真摯な事が求められます。これも中国製に頼りすぎてしまったことの弊害でしょうか・・・・。以前の日本家電メーカーなら考えられなかったことでしょう。
------------------------------------------------------
表示より暗いLED電球販売で措置命令
LED電球で明るさが不足、12社の54製品が景表法違反
やっぱり暗かった「LED電球」 ワット表示の3分の1以下も
低品質LED電球に用心、「白熱電球60W相当の明るさ」実際は不足の場合も
---------------------------------------------------------------
LED電球・LED蛍光灯
LED

少し古い記事ですが、こんなのもあったんだと見つけました。
雨粒が傘に当たる強さによって光り方が変わります。
これを持っていれば夜、どれだけ雨が強いか傍目に分りますね。自分には特に恩恵はないですけれど。
-----------------------------
http://www.yankodesign.com/2008/12/08/umbrella-lights-the-way/
----------------------------
あと、以下の記事のように防犯対策という切り口もありますが、
ガジェットとして所有し、使うのが本来の使用方法なのではという気がいたします。
他にも光るだけの傘ならたくさん出てますしね。
光る傘

----------------------------------
雨の夜、車の危険からアナタを守るハイテク傘
http://greenz.jp/2008/12/26/lightdrops/
----------------------------

LEDガジェット

先日、ブルーライトに関する記事を載せたばかりですが、以下のような商品は巷にあるようです。
iPad向けの“ブルーライト”カット液晶保護フィルム
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120605_537811.html
-----------------------------------
これから同種の商品もどんどん出てくるのでしょうね。フィルムとメガネ以外のものに期待です。
それだけ現代人は目を気にするということ。照明家にとって重要な問題です。
ブルーライトカット

中国のLEDチップ業界、設備過剰と価格下落で大手除き苦境に
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84R03E20120528
中国のLED技術、まだ未熟 重要技術は輸入に依存
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201205230275.html
---------------------------------------
低価格のLEDを提供してきたのはもとは台湾からはじまり、今は中国に移っているわけですが、
結局は自分の首を絞めていたという結果になっているようです。
ハイエンドな製品がハイエンドではなくなるスピードも緩くなってくるのでしょうか。
LED チップ

DALI--
エリア(ゾーン・部屋等)が小分けになっていて、かつ各エリアでそれぞれエリア毎にスイッチを設けたい場合。
DMX--
多種多様なデバイスを一括して一か所で操作したい場合。
またはエリアは分かれていて、エリア毎の操作を一か所でまとめてしたい場合。
※エリアが1か所の場合は・・・スイッチ等インターフェースが3か所以上複数ある場合はDALI,そうでない場合はDMXと言えるでしょうか。また、扱う器具が多ければDMX、少なくてもコスト面を考えるならDMX、ということになりそう・・・です。
先日DALI関係の方とお話していて、かつ経験上からもそう思いました。
もちろんケースバイケースですが、信号にとらわれず各制御方法を良く理解し組み合わせる事が重要だと思います。フル2線やルートロンも選択肢に入る事もあるでしょう。
DMX 照明

省エネ照明のもう1つの選択肢、「CCFL」の実力
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1205/22/news106.html
---------------------------
CCFLの利点は、小型であることと長寿命というイメージが私の中にありますが、これまでディスプレイのバックライト以外で一般照明で普及してこなかったのはそのコストが大きいでしょう。
導入コストはLED蛍光灯よりも多少安くすむ事もあるでしょうが、それだけでは存在感をアピール出来ない。
製品は結構世に出ているので、省電力をもっと推し進めるか、(そうすると光学構造に開発費がかかりやすい)小型化を売りにしつつ多様な製品が出ればあるいは。
どちらにしろもう一歩進まないとやはりLEDの波にのまれてしまうのではないかと考えます。

次世代CCFL蛍光灯 E・COOL OPT-40C-N-L (40W型 AC100/200Vタイプ)

CCFL省エネ電球18W(電球色)100W相当

眼の専門家に聞く、LEDディスプレイから出る「ブルーライト」は何が悪い?
http://bizmakoto.jp/style/articles/1206/01/news047.html
------------------------------------------------
桿体(かんたい)と錐体(すいたい)のほかにブルーライトを感受する光受容体(ガングリオンフォトレセプター)があるという話が興味深いです。
サーカディアンリズムをつかさどる神経的要素もあると。
現代人はディスプレイや夜の明かりに慣れていますから、どうしても「浴びすぎ」になるかとおもいます。
これからはその負担を軽減する方法も色々でてくるのでしょう。
メガネの他に期待です。