冷陰極蛍光管(CCFL)の時代は、もう来ないかもしれない。

省エネ照明のもう1つの選択肢、「CCFL」の実力
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1205/22/news106.html
---------------------------
CCFLの利点は、小型であることと長寿命というイメージが私の中にありますが、これまでディスプレイのバックライト以外で一般照明で普及してこなかったのはそのコストが大きいでしょう。
導入コストはLED蛍光灯よりも多少安くすむ事もあるでしょうが、それだけでは存在感をアピール出来ない。
製品は結構世に出ているので、省電力をもっと推し進めるか、(そうすると光学構造に開発費がかかりやすい)小型化を売りにしつつ多様な製品が出ればあるいは。
どちらにしろもう一歩進まないとやはりLEDの波にのまれてしまうのではないかと考えます。

次世代CCFL蛍光灯 E・COOL OPT-40C-N-L (40W型 AC100/200Vタイプ)

CCFL省エネ電球18W(電球色)100W相当