照明電力緊急節電対策(社団法人照明学会)
http://www.ieij.or.jp/files/201106setsuden.pdf
--------------------------------------------
このようなものです。PDFです。
私も学会員ですが、このレポートは今初めて知りました。
気になったのは『中・長期的対策』として『設備の改修・変更』があげられていること。
たとえ近い将来、電力需要と供給のバランスが落ち着いたとしても、
もう節電の意識無しでは日本人としてはこれから生きていけなくなるということを見越しているのでしょうか。
本日NHKニュースでやっていましたが、以前大停電があったカリフォルニアのように?
また、『照明電力緊急節電対策に際しての JIS Z 9110(照明総則)の照度の取り扱い方』と題したQ&Aでは、日本の照度基準は明るすぎるのではないかという問いに対する答えも興味深いです。
そりゃそうでしょうけども。
でも以外とコンパクトに要旨がまとまっていて、好感が持てました。
一様に断言することは個々の条件にはあてはまらない(難しい)ことも多いですが、指針として。
『何がそこの照明に求められているか考えること。』
節電で個々の照明の役割も意外と見えてきます。

原発について云々ここで言う気にはなれませんが、↑こういう意識は都心では薄れてきて。
東京は東京で自分たちのために節電をするということになってきているという意識の変化を再確認。
節電タイマーコンセント

東芝:LED電球のポスター「10年カレンダー」がカンヌ国際広告祭で金賞受賞
http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20110629dog00m020009000c.html

--------------------------
見ているだけで10年とはつくづく長い期間なのだと思い知ります。10年ひと昔。
お盆やGW時期はリビングの明りは消えていたり、その日その日の様子が分りとてもなごみます。
この家族が次の10年も幸せであるように。
LEDの寿命の長さをうたった広告です。HPから細かいところも見れるので是非。

日経新聞よりLED電球は万能か 選び方、使い方のポイント
------------------------------------
とてもわかりやすく書いてあります。
なかなか省エネ効果がスペック的にみえずらい、蛍光灯型電球も比較対象になっているところがとても好感が持てます。
このような記事が多く出てくるようになり、生活者のLEDへの分別の目がどんどん育てられている、そんな気がいたします。
これからLEDは本格的に淘汰の時代。

http://www.traxon-usa.com/usa/en/showcase.php
トラクソンのHPですが、毎回ショーケースには丁寧な事例が掲載されています。
たとえばこれはブラジルでの学校のライトアップですが、
使用した機材とコントローラ、操作パネルなどが紹介されており、
「highlighted by Warm White and amber light; and, with the touch of a control, the façade becomes a communication tool, awash in color configurations that signify special events.」
このように何のためにどのような色を使ったか、まで書かれています。
更にPDFでDLも可能。

traxonのHP/showcase
よくどんな器具をスペックインすればよいのかという相談も私は受ける事があるのですが、
そういう話にすぐこたえられるよう、こういったHPも活用して引き出しに貯めるようにしています。
大変参考になります。
ここまで事例の紹介を、器具を含めて掲載しているところは演出系ではあまりないのではないでしょうか。
トラクソンの自信の表れですね。まだ日本では知名度は大手メーカーにはかないませんが、ヨーロッパブランドで注目の演出照明です。私もTRAXON e;cue製品はもうかれこれ5~7年前くらいから使用しています。
ipad用アプリもあり、ワイヤレスで操作も可能です。
e:cue Action Pad for iPhone - ecue control GmbH

メーカ専用アプリも。これも大変見ていて綺麗な事例がたくさんあり、地図上と連動していて良く考えられています。
TraxonApp - Traxon Technologies Limited

ELECOM 高照度USBLEDライト ブルー LEC-USB1N01BU

他に以下のようなバッテリーを持ち歩いたりすれば、どこでも読書灯・LED灯になりますね。いざという時も便利便利。

ゴングさんのブログにPocket DMXが掲載されていたので、アプリ触ってみました。
新製品「Pocket DMX Wifi NETport」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52187486.html
NETportの部分はないので仕様のみチェック。
-------------------------------------
で、私なりにレビューまとめてみました。

Pocket DMX Wifi NETport™
良いところ
・DMX INがついているので、マージできるところ。
・DMXスルーもついている。
・ディマー(DMX)チェックには手軽。(1~送っていく場合等)
・アプリは無料
足りないところ
・チャンネルが36しかないので、チャンネルでのチェックは力不足な現場が多そう。
・ディマー(DMX)やチャンネル番号はテンキーではなく矢印で送っていくようになるので順番にチェックしていく以外は面倒。
・シーンの登録などは出来ない。
その他
・PocketDMX専用というのは、一長一短。Art-Net等互換性のあるものと比べて柔軟度は劣るが、
専用なだけにわかりやすい。
・チャンネルが36なので小規模案件向けには良いかも。
・パッチ可能だが、チャンネルが36なのでこれもやはり小規模向けになるかも。
・個人的にはアイコンがいけてないと思います。
アプリはこれです。
DMXPocket
私見の結論:ディマー(DMX)チェック専用には良いかも。でもこのブログで紹介している様々な方法(ipad関係カテゴリ)で安く、よりコンパクトに出来てしまっているので、ディマーチェックだけに使うにはちょっと二の足。
興味持たれた方はゴングインターナショナルさんのHPへどうぞ。

ところで、初代iPad 今、結構安くなってますね。。.

東京タワーと大阪城が暗くなる日「昼も。夜も。節電ライトダウン2011」
http://www.myspiritual.jp/2011/06/up-2011.html
※東京タワーと大阪城のライトアップ・ライトダウンの各写真が掲載されています。
JR大阪駅や通天閣“消灯” 環境省キャンペーンの一環 / 大阪
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110623/trd11062301300001-n1.htm
ライトダウンで節電呼び掛け 名古屋のテレビ塔 / 名古屋
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011062390013814.html
ライトダウン:節電意識、向上を 夏至と七夕に実施--長浜 /滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110607ddlk25040515000c.html
ライトダウンキャンペーン:国、県が呼び掛け きょうから8月末まで /長崎
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20110622ddlk42040457000c.html
昼も。夜も。節電呼びかけ /  豊橋
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=36583&categoryid=1
弘前で「節電ライトダウン」
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/06/16793.html
等等
その他ライトダウンについてのニュース
-------------------------------------------
夏至(6月22日)・七夕(7月7日)・立秋(8月8日)・防災の日(9月1日)など色々なタイミングで各土地で行っています。企業も独自に進めていて、今年はライトダウンが一層身近になる、そんな気がいたしました。
ただ、必要な明かりは残してほしい、そして必要な明かりとは何か、ということもそれぞれの土地でそれぞれの人たちが考える必要がある、必要な明かりは考える人によって違うと思いますし、違って当然。
それぞれが考えていればその中であぶりだされてくる共通項はきっとあります。それが大事。
そんなことを思います。

シャープ、光拡散レンズで水平方向の明るさを1.7倍に高めたLED電球を発売
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110621/106711/
---------------------------------
40W型で530lmで水平方向に広がると。
以前の記事でご紹介したように、
300度近く光が回るパナソニック製の方が485lmですから、どちらもスペック的には似たようなものですね。
やはり使い方と取付をする場所によって適材適所で選んだほうが良いでしょう。
それにしても日本メーカのウリがそういうところに方向性として進んでいくことは、
「技術」として大変歓迎すべきことだと思います。
高いけど工夫が利いている製品。まさに日本製品、メイドインジャパン。
他にはまねがそうそう出来ない技術で、LED製品の良いものをどんどん作っていってほしいです。
それが昨今のLEDの値崩れ状況を考えると日本メーカーの生き残る道なのですから。
直管型LED蛍光灯(アマゾンで探す)
直管型蛍光灯LED(楽天で探す)
LED電球色々(楽天)

キャンドルナイト「原点へ」 原発事故経て切実に
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201106220148.html
横浜マリンタワーで「夏至」キャンドルナイト-ブラックイルミも
http://www.hamakei.com/headline/6170/
----------------------------------------
省エネよりも、ろうそくを灯して電気のあり方を考えようという趣旨に賛同します。
実際エコにはなりませんからね。(CO2排出量のすごいこと)
ブラックイルミという響きにはちょっと妖しい感じがしますが・・・。
手作りのろうそくはすすも出にくくお勧めです。
夏至のキャンドルナイトに限らず、「明かりを見直す」機会はもっとあっても良いのではないかと思いました。
例えばお盆。
ろうそくをともしてご先祖様をお迎えし、また日本古来の習慣から夜の過ごし方を考える、良い機会になるのでは。

オールLED化! 東京スカイツリー“ライティング”3つのスゴさとは?
http://news.walkerplus.com/2011/0615/23/
---------------------------------------------
いろいろな記事が出ました。器具の数から光源の情報まで。
ただ一つ気になるのが、
『消費電力は「粋」のライティングデザイン (1588台点灯)が、パナソニック電工製の従来光源と比べ約43%の省エネを実現、また江戸紫の「雅」パターン(1347台)では、従来光源比約38%の省エネ効果』
というくだり。
従来光源が、もし水銀灯などの同等器具だとしたら、「パナソニックの肝いりにしては、省エネ効果はLEDということを考えるとそれほどでもないな」という印象です。
デザインにこたえるため、器具を設計したのでしょうが、あまり省エネ省エネと叫びすぎるのもどうかと思います。もっと純粋にデザインポイントをアピールしてほしい。これは報道に対する欲求です。
--------------------------------------------------
スカイツリーの電飾 雅な夜景粋に節電 総LED化で4割減
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011061602000029.html
-----------------------------------------------------
で、こっちの記事には
オールLED化の結果、消費電力量は「粋」が毎時約百五十三キロワットで当初計画より43%削減、「雅」が約八十三キロワットで38%削減した。東京タワーの通常時のライトアップと比べると、消費電力量は「粋」で15%、「雅」で54%少ない。
とあります。
あれですね、毎時150キロワットも使用しているとなると、やはり消すのが一番の省エネ。
でなければ省エネ省エネ言わないでほしいと、私は思っています。もっと他に言わなくてはいけないことが、今の日本のためにあると思います。

最近ipad等からだったり、MIDIやOSCとつなげる操作系をいろいろ試したりして遊んでいるわけなんですが。
(過去の記事はこちらとかこちらとかいろいろありますので左上で「ipad」等で検索していただくと良いかもしれません。)
基本が出力にDMXが絡む操作になるため、DoctorMXも色々な操作方法を試したりしてお世話になってます。
ゴングインターナショナルさんのブログ記事で似たような記事があります。
DoctorMaxプロジェクトなるものが掲載されています。
簡単に言うと、ipad(アプリはMIDI出力のもの)→無線LAN(PC内蔵でももちろん可)→PC内でMIDIのinとoutを設定→PC内でMIDIをMAXというソフトに送信→PC内でMAXからDoctorMXにデータ送信→DoctorMXノードでDMXに変換→器具を操作
ということになるのですが、(ほぼこの記事みたいなものです。若干ipadの送信部分が違うかもしれません。OSCではなくてMIDI直かも)
ここではMAX用にDoctorMX専用オブジェクトがあるんです。
これがあるとかなり便利なしろものでして。プログラムするときに手間が少なくなり簡単になります。そこで、
puredata用も創ってほしい!
これが言いたかっただけなんです。はい。
まず、MAXだとソフトにお金がかかります。puredataだと無料です。
(もちろんWIN・MAC両方ともあります)
このDoctorMAXプロジェクト方法ではDoctorMXとMAX両方買わなければいけません。両方合わせて10万くらいかかります。
これは「ただ照明をipad等で動かすため」にはかなり大きな投資・出費となります。
他の機器や信号との連動性も考えてのMAXでしょうが、puredataでもたいていのことはできますし、
何より無料なので敷居が低い。
puredataでのオブジェクトも開発してもらえれば、国産のビジュアルプログラミング対応のDMX入出力ソフトとして更にDoctorMXの販売も伸びると思うのですが、
どうでしょう。。。(多分arkaosとの連携があったときにそこにMAXがあったからだと推測するのですが)ゴングさんに(?)是非ご検討をお願いしたいです。

MAX(MSPのみ)こちらの方が廉価です。
puredata WIKI
http://ja.wikipedia.org/wiki/Pure_Data
なお、DoctorMXをipad等で単に動かすだけなら、
ipad(MIDI出力のアプリ、もしくはArt-Net出力のアプリ)→PCでMIDI設定(Art-NetならDoctorMXの設定)→DoctorMX
という方法が一番シンプルで簡単です。わざわざプログラミングソフトを介する必要がないなので、まずはこれから始めてみることを初心者の方にはお勧めします。必要なものはipad(もしくはipodやiphoneやandroid搭載スマートフォン)とDoctorMXだけ。(アプリは別途)
DoctorMXはPCが起動している必要があるので、この方法よりは少し面倒ですが、それでもままわかりやすいと思います。
ほぼ以下の記事通りですが、この解説・設定方法も近く公開します。
ipad(iphone/ipod)で照明を操作その8(midi編・DoctorMX編その3)
http://lasens.exblog.jp/13364826/
多機能なドクターMX(DoctorMX)多機能なdoctorMX(ドクターMX)
ArtNet送受信・OSC送受信・MIDI出入力対応。