ゴングさんのブログにPocket DMXが掲載されていたので、アプリ触ってみました。
新製品「Pocket DMX Wifi NETport」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52187486.html
NETportの部分はないので仕様のみチェック。
-------------------------------------
で、私なりにレビューまとめてみました。

Pocket DMX Wifi NETport™
良いところ
・DMX INがついているので、マージできるところ。
・DMXスルーもついている。
・ディマー(DMX)チェックには手軽。(1~送っていく場合等)
・アプリは無料
足りないところ
・チャンネルが36しかないので、チャンネルでのチェックは力不足な現場が多そう。
・ディマー(DMX)やチャンネル番号はテンキーではなく矢印で送っていくようになるので順番にチェックしていく以外は面倒。
・シーンの登録などは出来ない。
その他
・PocketDMX専用というのは、一長一短。Art-Net等互換性のあるものと比べて柔軟度は劣るが、
専用なだけにわかりやすい。
・チャンネルが36なので小規模案件向けには良いかも。
・パッチ可能だが、チャンネルが36なのでこれもやはり小規模向けになるかも。
・個人的にはアイコンがいけてないと思います。
アプリはこれです。
DMXPocket
私見の結論:ディマー(DMX)チェック専用には良いかも。でもこのブログで紹介している様々な方法(ipad関係カテゴリ)で安く、よりコンパクトに出来てしまっているので、ディマーチェックだけに使うにはちょっと二の足。
興味持たれた方はゴングインターナショナルさんのHPへどうぞ。

ところで、初代iPad 今、結構安くなってますね。。.

東京タワーと大阪城が暗くなる日「昼も。夜も。節電ライトダウン2011」
http://www.myspiritual.jp/2011/06/up-2011.html
※東京タワーと大阪城のライトアップ・ライトダウンの各写真が掲載されています。
JR大阪駅や通天閣“消灯” 環境省キャンペーンの一環 / 大阪
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110623/trd11062301300001-n1.htm
ライトダウンで節電呼び掛け 名古屋のテレビ塔 / 名古屋
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011062390013814.html
ライトダウン:節電意識、向上を 夏至と七夕に実施--長浜 /滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110607ddlk25040515000c.html
ライトダウンキャンペーン:国、県が呼び掛け きょうから8月末まで /長崎
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20110622ddlk42040457000c.html
昼も。夜も。節電呼びかけ /  豊橋
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=36583&categoryid=1
弘前で「節電ライトダウン」
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/06/16793.html
等等
その他ライトダウンについてのニュース
-------------------------------------------
夏至(6月22日)・七夕(7月7日)・立秋(8月8日)・防災の日(9月1日)など色々なタイミングで各土地で行っています。企業も独自に進めていて、今年はライトダウンが一層身近になる、そんな気がいたしました。
ただ、必要な明かりは残してほしい、そして必要な明かりとは何か、ということもそれぞれの土地でそれぞれの人たちが考える必要がある、必要な明かりは考える人によって違うと思いますし、違って当然。
それぞれが考えていればその中であぶりだされてくる共通項はきっとあります。それが大事。
そんなことを思います。

シャープ、光拡散レンズで水平方向の明るさを1.7倍に高めたLED電球を発売
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110621/106711/
---------------------------------
40W型で530lmで水平方向に広がると。
以前の記事でご紹介したように、
300度近く光が回るパナソニック製の方が485lmですから、どちらもスペック的には似たようなものですね。
やはり使い方と取付をする場所によって適材適所で選んだほうが良いでしょう。
それにしても日本メーカのウリがそういうところに方向性として進んでいくことは、
「技術」として大変歓迎すべきことだと思います。
高いけど工夫が利いている製品。まさに日本製品、メイドインジャパン。
他にはまねがそうそう出来ない技術で、LED製品の良いものをどんどん作っていってほしいです。
それが昨今のLEDの値崩れ状況を考えると日本メーカーの生き残る道なのですから。
直管型LED蛍光灯(アマゾンで探す)
直管型蛍光灯LED(楽天で探す)
LED電球色々(楽天)

キャンドルナイト「原点へ」 原発事故経て切実に
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201106220148.html
横浜マリンタワーで「夏至」キャンドルナイト-ブラックイルミも
http://www.hamakei.com/headline/6170/
----------------------------------------
省エネよりも、ろうそくを灯して電気のあり方を考えようという趣旨に賛同します。
実際エコにはなりませんからね。(CO2排出量のすごいこと)
ブラックイルミという響きにはちょっと妖しい感じがしますが・・・。
手作りのろうそくはすすも出にくくお勧めです。
夏至のキャンドルナイトに限らず、「明かりを見直す」機会はもっとあっても良いのではないかと思いました。
例えばお盆。
ろうそくをともしてご先祖様をお迎えし、また日本古来の習慣から夜の過ごし方を考える、良い機会になるのでは。