LED、統一規格をめぐって団体と中小メーカーが平行線
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110530/biz11053021080029-n1.htm
----------------------------------------------------
前回のブログ記事にも書きましたが、私は中小企業に厳しい口金の変更よりも電球工業会が主張している、『重量』であるとか『電源』であるとかのガイドラインをルーメン表記の時と同じように出せばよいと思うのです。
何より電球工業会が重さに対する危険性を指摘していながら、重量の制限が表記されず、口金の規格だけ変更・決定している状態というのは、論理が一足飛びな気がいたします。
口金の変更は記事で述べられている通り、初期費用がかかります。また器具全体を取り換えなければならないため、導入時の初期投資が格段に膨らみます。
この記事のように、色々な企業から企画が提案されているのですから、電球工業会には良い選択をしていただきたいです。
というよりメンバーに中小企業出身者あるいはその代表者を交えて議論するのが良いのではないでしょうか。
日本の光源全体を扱う団体が大手に寡占されている状態は、今回のLED直管型の規格の話をとってみても、あまり健康的とは言えないとも思うのです。

東芝、被災地避難所向けに持ち運びできる有機EL照明器具を開発・提供
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=281962&lindID=4

---------------------------------------
大変良い事だと思いますが、でもiphoneやandroidでのスマートフォンのライト系のアプリとあまり変わらない気がします。
むしろスマートフォンのアプリの方が多機能で、かつ持ちやすいのでは。
いつも持ち歩いているものですから、持ち物を増やさなくて良いですし。
でもこの形、やはり『照らす』にはもちにくそう=照らしにくそうです。
どうせならスタンドを立てるような足をつけて、置けるようにもし、それがかつ取っ手(持ち手)にもなるようなそんなデザインがユニバーサル。あとはひっかけられるようにするとか。
そうじゃないとスマートフォンをあまり使用しない方、お年寄りの方も、懐中電灯の方が結局良くて、このデザインでは使ってくれないと思われます。
とするとこれは、東芝のいわゆる「被災地を利用した有機EL照明のパフォーマンス・売名行為に過ぎない」、なんて見方はちょっと意地悪いでしょうか。