カテゴリー: 光りモノ

ドローンショーinハウステンボス

インテル、ドローンLED花火をハウステンボスで打ち上げ

「LED花火」、「打ち上げ」と言っているところが面白いです。そういう言い方もあるのかと。
また300機という数も国内では最大なんではないでしょうか。

一方でこんな記事も。
花火のほうが安い? ドローンライトショーが抱えるお金の問題

億かかるのかどうか分りませんが、実施するのはなかなか大変そうです。ハウステンボスだから出来るというところでしょうか。

下記動画はインテルが500機飛ばした時のもの。
日本でも見れるなんて良いですね。

なぜ人はまつげを光らせたがるのか。

目元を夜でも明るく見せる光るつけまつげ「LED Eyelash」

これは前にも紹介したかと思いますが、今度は上まつげです。

「LEDまつげ」で目に輝きを

あと、新手のものがキックスターターにありました。

f.lashes – Fun, Interactive, LED Lashes!
これは上の2件と比べるとかなり進化しています。
水にも強いということですばらしい。

まああまり言うことはありませんが、夜の街では一定のニーズがあるんでしょう、きっと。

POVはドローンにもホログラムにも。

自転車のタイヤとか、最近では車のタイヤとかにも使われているPOVですが、
主にレジャー用途のものが多かったように思います。(一部安全対策用もありましたが)
例えばこういったものです。
モンキーライト

そのPOVですが、最近続けて使われている記事に出会ったので以下2つご紹介。

ドローンディスプレイ
ドコモ開発ですが、これもPOV応用ですね。

下はホログラム。といっていいのかどうか。(参照元はそう言っていますが)
でも面白いです。近くでの音とか気になるのでしょうか。

http://kino-mo.com/
まだまだ使い道はありそうですね。

火を使わないファイヤーマシン

下の写真なんですが、火を使わないファイヤーマシンです。
火を使わないので煙も出ない。

その実態は。。

なるほど、という感じですが、これは使うなら使うでそれなりの養生をしないといけない気もいたします。

光の向きと照度をスマホで変えられるライト

以前、光の向きをスマホで変えられるライト、というのはありました。
http://lasens.com/blog/?p=1216

しかし今回は、より直接的にまた照度やアラーム等を組み合わせて色々な使い方が出来そうな照明のご紹介です。

AGRA LIGHT

実に細かいところまで気が配られている感じがとても日本らしいと思います。