xLight、日本ではまだ馴染みがないですが、アメリカではLight-O-ramaと同様に使われているソフトです。
最近xLightを研究していますが、これは良いですね。

PCで使用するにはちょっと不安ですが、様々なデータのコンバートもできますしとても良い感じです。
xlightsの日本のユーザーさんと是非繋がりたい、と思っています。

今回のアップデートは大型です。今までで一番かもしれません。
スーパースターとpixcelEditorがある意味統合され、非常にパワフルなものになっていますね。
それにかゆいところに手が届く変更もいくつか散見されてもっと使いやすいものになっていると思います。

http://forums.lightorama.com/topic/46469-light-o-rama-version-5020-released-as-an-open-beta/

いまだベータ版ですが、正式リリースまではこちらを使ってみようと思います。
ソフトウエアの進歩に比べてハードの方が若干遅い気もしますがそれはしょうがないことなんでしょう。

ESAPROも2が出ますし色々と楽しみです。

Light-O-Rama Large Venues VIDEO

ほとんどトップの扱いで、当方が演出プログラムした案件が紹介されております。

Large Venueとは、「規模が大きい」ものとしてLORのページの中でカテゴライズされています。
つまり、これより大規模なものは他に類を見ないという事でもあります。
これだけ世界中でLORが使われている中で、こんな風に紹介されると大変光栄に思います。
-----------------------

2015年3月追記
このブログには以下の記事が掲載されておりますが(引き続き記事更新・追記中)、諸般の事情のため一部非公開にさせて頂いております。
何卒ご了承ください。
---------------------------------
ライトオーラマ(Light-O-Rama)プログラム編1
[ 2015-01-15 17:00 ]
ライトオーラマのvisualizerと、HolodayLightsDesigner
[ 2015-01-15 16:57 ]
ライトオーラマ(Light-O-Rama)Hardware編4 点灯チャンネルチェック
[ 2014-06-15 01:49 ]
LOR本家ホームページのLarge Venueのトップに紹介されています。
[ 2014-06-12 18:09 ]
Light-O-ramaとLightshowProとmadrixについてのwiki
[ 2013-08-31 23:27 ]
ライトオーラマ(Light-O-Rama) Hardware編3 コントローラIDの変更
[ 2013-08-31 16:47 ]
S3でLORとDMXを同時に使用する
[ 2013-08-31 13:06 ]
ライトオーラマ(Light-O-Rama) Hardware編2 コントローラ認識後編
[ 2013-08-31 04:26 ]
show time Director  取扱説明その2  G3-MP3編
[ 2013-08-31 00:00 ]
show time Director  取扱説明その1
[ 2013-08-30 23:54 ]
CCR使用におけるファームウエアの注意点
[ 2013-08-30 00:29 ]
ライトオーラマ(Light-O-Rama) Hardware編1 コントローラ認識前編
[ 2013-08-13 02:59 ]
LOR-USB-ドライバ
[ 2013-08-13 02:41 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 接続編3 PC~ACコントローラ接続
[ 2013-06-02 01:41 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 接続編2 基本機器仕様
[ 2013-05-09 03:13 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 接続編1 基本的構成
[ 2013-05-04 21:59 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 概要3--ソフトウエア後編
[ 2013-04-29 02:26 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 概要2--ソフトウェア前編
[ 2013-04-29 02:14 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 概要1--基本的構成
[ 2013-01-03 17:12 ]
ライトオーラマ(Light-O-rama) 紹介
[ 2012-11-24 03:04 ]
------------------------------------------------------------------------------------------
以下本記事です。
唐突ですが、直接解説記事とは関係ない、メモ書き程度のものです。
ですが重要なので記事として投稿しておきます。
CCRのデコーダーのファームウエア。
ShowTime Director G3-MP3でCCRのデコーダーに接続しても(もちろんデータ再生しても)
デコーダーが反応しない。ずっと点滅状態。
しかしPCのHARDWAREでは認識する、という現象が発生。
ヒント:CCRデコーダーのファームウエアが1.1以上でないとG3-MP3ではうまく動かない。

現在のバージョンは1.17。ファームウエアはここ。
DLしてhardware でデコーダーを認識→ファームウェアをアップデートする。(1台づつしか行えない)
また、G3-MP3の前のバージョンであるDC-MP3の最新ファームウエアは4.20
G3-MP3は5.23。
今回のまとめ::CCRのデコーダーと、SHOWTIME DIRECTORのファームが合っていないと、動作しない。
おまけ::G3-MP3の全ての機能を使うにはHardwareのバージョンが3.9以上である必要がある。
G3-MP3のマニュアルはここ。
※旧型のshow time directorやmini directorでは発生しない模様(仮)
ファームウェアアップデートの図。(小さいですが)

前回の接続編3のシリアルコンバータの接続に関する記事を少しだけ。
USBをPCに差す際に自動的に認識すればよいのですが、そうはいかなかった場合、ドライバが無い可能性があります。
その場合は、シリアルコンバータに同梱してあるCDからドライバをインストールしましょう。

CD
↓このようなフォルダが現れますので、赤枠の中のセットアップファイルを起動。
自動的にインストールが始まります。

無事インストール出来たら、コンピュータを右クリックするなどしてプロパティを開き、デバイスマネージャーにアクセスします。
以下のように認識できていたらOKです。
この時、ポート番号(この場合はCOM4)を覚えておきましょう。

↑シリアルコンバータが認識されています。
以上、シリアルコンバータの接続の補足、でした。
ドライバはこちらにも置いておきます。(ZIPファイルなので解凍して使ってください。)