ライトオーラマ(Light-O-Rama)Hardware編4 点灯チャンネルチェック

前回までは、コントローラの接続~IDの変更の仕方までをご紹介しました。
今回は実際に点灯チェックする方法です。
まず赤枠の[console]を押します。

すると下の様な画面が現れますので、赤枠のIDの番号を確認してください。
ID01のコントローラーを点灯させたければ01という風に番号をあわせます。

また、左右にあるラジオボタンのチェックは画像のようにままで合わせてください。
(16chコントローラを点灯する場合)
一番左のつまみを上げると、1~16までが同時に上がり下がりします。
1~16までのチャンネルを全てチェックしたい場合には一番左のつまみ(マスターフェーダー)を操作します。

個別にチェックしたい場合は下記のようにマスターフェーダー以外のつまみ(フェーダー)を上げ下げします。

きちんと繋がっていれば、チャンネルから出力され、それぞれのチャンネルに対応した負荷(イルミネーション)が点灯するはずです。
以上回路のチャンネルチェックの方法でした。
【蛇足】
下記のような赤枠で囲っている部分では、チェイス(順次点灯)やフェードインアウト等できますので、こちらでチェックする方法もあります。
が、一般的には、consoleを出してチェックする方がわかりやすいと思います。

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930