前回の記事で軽く触れましたが、
DMX回線またはArtnet回線/sACN回線が抜けてしまった、または抜いた際などにDMX-OUTがどういったふるまいをするのかをポート毎に設定することができます。

トラブル時もそうですが、それ以外に回線の切替などで意図的に抜いた場合、出力していたデータがノード側/ユニット側で保持するのか保持しないのか疑問に思ったことはありませんか?

DMXking製品なら、
1.保持
2.保持しない(出力無)
3.全チャンネルフル出力
4.スナップショットシーン出力

以上の4種類から選べて設定できますので上記のような疑問を持つこともありません。回線が抜けた・落ちた・切り替えた・抜いた時のふるまいを設定&把握出来るということはトラブル発生時にも大変役立ちます。

ユーティリティソフト内、設定項目。4種類の中から選べます。

一見地味な機能ですが、とても気の利いた機能だと思います。

日本の正規代理店ショップはこちらです。

今回は本体に備わっているレコーダー・再生機能スナップショット機能を使った2種類のバックアップ方法についてご紹介します。

DMXking製品以外に機器を用意する必要が無いので、
特にアーキテクチャー関係やライトアップ/イルミネーション関係での案件で役立つ機能です。


複数のDMX回線を使ったバックアップについては下記以前の記事でお伝えした通りです。
【DMXking】DMX回線バックアップ切替わりの様子
【DMXking】DMX回線の(バックアップ)自動切換
【DMXking】DoctorMX簡易同期バックアップ

また、レコーダー・再生機能スナップショット機能そのものについては、下記前回の記事をご参照ください。
・【DMXking】Artnet&sACNのレコード再生機能もついています。


1.レコード・再生機能を使った、回線喪失時の自動ショーデータ出力

eDMX4PRO
eDMX2PRO/ultaraDMX2PRO

2.回線喪失時のポート設定---スナップショットシーン出力/保持/全出力/

回線喪失時の動作を各ポート毎に次の4種類の中から選ぶことができます。
・スナップショットシーン出力
・オールチャンネル全出力
・最終フレームデータ保持
・不出力

スナップショット呼び出しや保持、または全出力、出力しないなど「ポート毎に設定できる」ため、自動バックアップの用途にも使用できるほか、色々な使い方ができます。

また、入力回線喪失時のふるまいがきちんとポート毎に決められるということは非常に有難い機能です。

日本の正規代理店ショップはこちらです。

2ユニバース以上のDMXking製品は、すべてArtnet・sACN・DMXのレコーダー機能を持っています。この価格帯でレコーダー機能があるということ自体、驚きです。

ArtnetまたはsACNまたはDMXスタンドアロン再生機としても使えます。

主な仕様は以下の通り。

・記録可能シーン数:254シーン
・記録可能最大ユニバース:2または4または16
 (2ユニバース用のeDMX2PROなら2ユニバースまで、
  4ユニバース用のeDMX4PROなら4ユニバースまで、等)
・再生方法:ボタン(外部接点)またはDMXまたはArtnetまたはsACN
(電源ONでの起動や複数のショーデータを組み合わせての再生も可能)

ボタン/接点付きユニット
eDMX Trigger(別売)

加えてさらに凄い点があります。
DMXkingはArtnetとsACNがマージ出来ることは度々当ブログでもお伝えしている通りですが、
マージしたものも、そのまま記録します。

例えば、ArtnetとsACNをマージしたものを記録→再生すると、DMXking本体のイーサネットからは記録したまま、ArtnetとsACNそれぞれ同時に出力します。(Artnet+Artnet , sACN+sACNのマージも同様です)

簡単なシーンの再生、いくつかのショーデータを組み合わせてループ、トリガーでの一発再生、などに向いています。(スケジュールに沿った複雑なシーケンス・データ再生なども出来るのですが使いやすいとは言えないのでDIAHEART等をお勧めします(ただ全然価格帯が違いますが。。))

またSDカードとは別に、本体に記録するスナップショット機能もついています。
・1シーンのみ記録可能
・再生方法:本体電源ON時または入力信号無しの場合の2つから選べます。

このように機能が豊富なDMXking製品。
イーサネットーDMX変換機は数多くありますが、
Artnet/sACN/DMXレコーダー機能がついていて、ここまで機能もついている製品は他になかなかありません。

日本の正規代理店ショップはこちらです。

DMXkingの優れた特徴の一つとして、ArtnetでもsACNでも受信した信号は自動で認識してDMXを出力できる機能を持っています。

最近の照明コントローラや照明卓にはArtnetもsACNも切り替えて出力できる機能がありますので、(DMXking製品を使えば)接続しているネットワークシステムに最適な通信方式(Artnet・sACN/ブロードキャスト・マルチキャスト・ユニキャスト)を ”ノードの設定を気にする必要がなく” 選んで運用することができます。

-------------

【Artnet/sACN自動認識の仕様は、上記すべての製品共通です。】

例えばこんな経験はありませんか?

Artnetでネットワーク通信しているが、DMXが出力されない。またはDMXが出力されているがムービングの動きがおかしい。
そんな際に、卓やコントローラ側でsACNに切り替えてみる。(最近の機器はsACNも出せるようになってるものが多いです。名の知られているメーカーであればほぼ対応しています)
もし、sACN(マルチキャスト)でうまくいったのなら、ArtnetのBroadcast通信に問題があるのかもしれません。逆にsACNでも出力されないのであれば、ネットワーク設定あるいは単純にLANケーブルが刺さってない可能性がありますね。
コントローラ側のIP設定が間違っているかもしれません。

このように、問題の切り分けにも大変有効です。これもDMXking製品がどちらの信号も自動で認識できるからなせる技です。通常の他メーカーのノードですと、ノード事態の設定もsACNに変えなければならない(またはそもそもsACNに対応していない)ので、無理に設定を変えると逆に混乱のもとになります。

※本当は一からネットワーク通信を調べなおしたいところですが、現場ではそんな時間はあまりとれないことがあると思います。あてずっぽうにやるより、一個通信の代替え手段が確保できているというのは大変有効だと思います。

弊社の事例ですと、Artnetで電飾の動きがカクついた際にsACNに切り替えたところうまく動いたということがあります。原因はArtnetのBroadcast通信かと疑がったのですが、結論は受信側の基盤の問題でした。その際はやむ負えず結局sACNで動かしましたが、システム自体は変える必要がなかったので助かりました。

両方のネットワークプロトコルを同時に認識できるDMXkingの製品は、それだけで現場でのネットワーク設定の手間も一個も二個も減らす事ができると思います

--------------

またこんな事はないでしょうか?

海外の方や電飾関係でsACNを使いたいという希望がある。またはネットワーク構築上、sACNの方が良さそうだ。
そんなときも何も設定を変える必要がなく対応できます。今ご経験が無くても将来そういった場合が起こった場合にも慌てる必要はありません。

DMXkingはネットワークからDMXにアクセスする選択肢を簡単に増やせる大変フレキシブルな機材です。

また付随する機能として、

・Artnet sync / sACN sync対応
・ユニバース設定のsACNとArtnet自動変換
・設定した任意のしきい値以下のユニバースをユニキャストにする
(安心してください。通常はオフです)

などなど、掘れば色々とかゆいところに手が届く機能もついています。



ちなみにブログ等でたびたび紹介はしておりますが、
DMXking製品は、下記回線を混ぜる(ミックス/マージ)事ができます。

・Artnet+Artnet
・sACN+sACN
・Artnet+sACN
・DMX-inからのDMX+ArtnetまたはsACN

上記自動認識機能と組み合わせる事でまた新たな価値や使用方法が広がります。
Artnet/sACNのネットワークプロトコルに対しても、他製品にはない特徴を持ったDMXkingです。

日本の正規代理店ショップはこちらです。

前回のブログ記事でDMXking eDMX4PROを使ったDMX回線の自動バックアップをご紹介しましたが、
その挙動の動画を弊社スタッフが撮りましたので以下ご紹介します。

動画の要旨は以下の通りです。
優先回線・代替回線を設定・接続した状態で、
1.優先回線が喪失すると、データを保持したままわずかな時間で代替回線に切り替わります。

2.優先回線が復帰すると、即座に代替回線から優先回線に切り替わります。

いかがでしょうか。
万が一トラブル(電源が落ちた・ケーブルが抜けた等)があったときでも、データを途切れさせることなくコトが進められます。

前回のブログ記事のDoctorMXの例では、Qシートを同時に進めながらバックアップ回線が作れるので、優先回線喪失の影響がほぼない状態で本番を進めることが可能になると思います。

また、DMX回線オンリーでバックアップに苦慮していた方々は、
上記のようなトラブルの事を考えて怯える必要がほとんどなくなると思います。それだけでも価値があるのではないでしょうか。

あ、もちろんArtnetもsACNも扱えますし、マージもできてしまいます。ArtnetとsACNの切替が不要で、Artnet+sACNマージもできるのはDMXkingだけ(と言っても過言ではないです)。

-----------------------------------

弊社はDMXkingの正規ディストリビューターです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Clipboard01.jpg

前回、DMXkingを使ったDMX回線のバックアップについてご紹介しましたが、その機能を使ったDoctorMXのバックアップについてご紹介します。

今まではDoctorMXを使用する場合、
1.バックアップ回線をDMXミキサーにさして置きマージ状態にする→メイン機に異常があった場合はバックアップ機の操作(Qシート等で該当のシーンを再生等)をする
2.メイン機に異常があった場合はバックアップ機をDMX回線を差し替える

などの方法が主流で、バックアップを利用したシーンの復帰には主に物理的な「手」が必要になっていました。

ですが、DMXking(eDMX4PRO)を使った以下の方法ですと、
2台のDoctorMXのQシートの同期をとりながら、メイン機のDMX回線の喪失時にバックアップ回線を自動的に生かすことが可能になります。

※Qシートの同期=便宜上「同期」と書きましたが、正確にはQシートをメインとバックアップ同時に進めていく形です。標題に「簡易同期」と書いてあるのはそのためです。

DMXkingの4ユニバースノード/eDMX4PRO
2回線のミキサーとしてもスプリッターとしても使えます。


----------------------------

主に設定するのは以下の2点です。

・メイン機からの信号でバックアップ機のQシートを同時に進める。
・DMXking製品で入力したDMX回線の優劣をつけられる機能を使う。


回線図は下記のとおりです。

DMXkingの設定で、A(メイン機)を優先回線とし、B(バックアップ機)からの入力を代替回線とします。

または、下記のようにAとeDMX4PROの間にスプリッターを噛ませても良いです。

-------------------------

そして、Qシートを同時に進めるDoctorMXの設定です

【Bのバックアップ機の設定】
1.まずメイン機と同じデータ(Qシート・コンソール・チェイサー等…)を用意します。

2.用意したら機能を追加→OSCを選択して、下記のように設定します。

動作は送信・DMX出力はOSC入力・UDPポートは空白・OSCアドレスは/csdmx

3.次にOSC入力を使用にチェック

4.Qシートの送り制御設定を選択

5.送り制御の設定で、主に「次」で使用する任意のチャンネルを指定します。

上記ですと511chが送られたときにQシートが一つ進みます。
場合によって「先頭」や「戻り」等も指定してももちろん良いです。

6.流れ図上でOSCを一番上にして下さい

-----------------------

【Aのメイン機の設定】
1.メインのコンソール#1とは別に、同期用(Bへの信号用)のコンソール#2を開き、下記のように設定します。
  
まずシーンを2つ作ります。
一つ目はバックアップ機の送り制御で決めたチャンネルを100%あげたシーン
二つ目は上記チャンネルを0%にしたシーン
そして秒数・リンクを下記のように設定します。(秒数は0.1でも0.2等でも構いません。)

→該当のチャンネルが0.1秒の間100%になる状態です。

そしてそれをQシートに張り付けます。

左がメインのコンソール、【GO】が並んでいる方がBに信号を送る用のコンソールです。
ちなみにメインの流れ図はシンプルな形でこのようになります。

-----------------------------

以上で設定は終わりです。Qシートに【GO】を張り付けていくのが多少手間ですが、Qが300あってもそれほど時間はかからないと思います。(10分程度?)

↓メイン機のQシートを送るとバックアップ機も同時にQが送られる様子↓

左がメイン機 右がバックアップ機です。

これでDMXkingのeDMX4PROの設定をすれば、メイン機のDMX信号の喪失を検知すると自動的にバックアップ機に、途切れることなくQがそろった状態で乗り替われることになります。
(その後メイン機が復帰した場合には即座にメイン機の方が優先されます)

上記はDoctorMXの機能にDMXkingの機能を組み合わせることで可能になることです。


--------------------------
追記として、
送り制御設定を使用する他、コンソールだけで良いのであればスライダー→チャンネル/自動等を使う方法もあると思います。

--------------------------------------

今回はDoctorMXの例でしたが、DMXを出すコンソールやコントローラで、外部制御の機能がついているものであれば同様に簡易的に同期をしながらバックアップが作れると思います。

日本の正規代理店ショップはこちらです。


2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930