この時期に来まして、
以前のブログでご紹介したLEDのストリング・ネット(100vのもの)がDMXにてそのまま使えるディマーへの問い合わせが立て続けに3件ほどありましたので
改めてご紹介します。

DMX対応(アドレスは自由に設定可能)
回路(チャンネル)数:8回路(8ch)
容量:1A×8
※通常の100vイルミネーションストリングなら15セット(1500球)ほどまで。
(8回路合計12000球)
コントローラ付イルミネーションは、接続動作確認の上お使いください。
100v入力・100v出力
位相制御(100vイルミネーション用調整済)
DMXinput×1
DMXoutput×1(バッファ出ます)
基板寸法140mm×140mm
価格はお問い合わせください。
防水ボックス入り平行プラグ仕様
(DMX信号線はご用意の上接続下さい)

動画アップします。少々画質が荒くて申し訳有りません。
カーブをみるために「点灯→あおり→消灯」を繰り返しています。


ショッピングカート

このぺーじ、一般の方向けに良く書かれている内容だと思います。
これからLED電球に手をだそうとしている方は一読して損はないかと思われます。
何か聞かれたら私もこのページを紹介するだけで手間が省けてよいかも。
--------------------------
http://www.coneco.net/hand/kaden/led.html
LED電球の選び方 | 生活家電 | コネコの手もかりたい - 価格比較サイトconeco.net
【一部抜粋】
ED電球の注意点を知ろう!
全体よりも真下が明るいLED電球
真下の明るさに優れたLED電球!
LED電球は重い
LED電球は重いので照明器具によっては要注意!
LED電球は取り付けにくいことも
LEDはクビレが少ないモノが多く取り付けにくいことも
全体よりも真下が明るく
白熱電球は光が全体的に拡がりますが、LED電球は真下の明るさに優れた電球です。
天井に取り付けた場合、足もとまで明るく照らすことができますが、 光を発する範囲が狭いので、部屋全体を明るくするという照明には不向き。
中には光が広範囲に広がるよう工夫したLED電球もありますが、設置する場所を選ぶ電球だといえます。
通常の電球よりも重い
白熱電球の中にはフィラメントが入っているだけで、重さはあまり感じません。
ですがLED電球の場合は、加熱しすぎた場合に電流を止めたり、 熱を逃すための工夫が施されているので、その分、重くなっています。 中には重量が200g以上のものもあり、細身の電気スタンドの場合は転倒する危険性も。
複数のLED電球を取り付けるシャンデリアの場合は、 重量オーバーになる可能性もあるので、照明と電球の重さに注意しましょう。
電球が取り付けにくくなることも
一般電球とLED電球の形を比べると、中央のくびれが少ないデザインのLED電球があることに気がつきます。
照明機器によってはうまく収まらないケースもあるので、LED電球の大きさやデザインには注意が必要です。
LED電球は自宅のこんな場所にぴったり!
すぐに点灯するから!スイッチの入/切が多いトイレに最適
電気代が安いから!夜間、点灯しておきたい廊下に最適
虫がよりつきにくいから! 玄関やガーデンの外灯に最適
長寿命で交換が少ないから!吹き抜け空間の照明に最適
電気代が安いから!長時間点灯するリビングやダイニングに最適
【抜粋 ここまで】
あとはリンク先にて。

テクノロジーのことにふれられてないところをみると、ただ単に面発光で拡散させただけ、っていうことか。『目に優しい』という言い方はグレーだなー。ものはいいよう。
根本的には変わってない。
これだったら世の中のLEDを面で発光しているもの(拡散させているもの・チップなど)は全部目に優しい事になってしまう。
消費者は騙される事なかれ。
http://www.daily-eye-news.net/news_mkW940qkk.html
医薬品、眼科医用機器、光学機器のメーカーである興和株式会社は目にやさしいLED照明器具LUPINUS(ルピナス)の販売を発表した。
同商品は3段階の調光機能を備え、学習机やビジネス机などで使用できる大型LEDデスクライトと、持ち運びに便利で特にネイルアートやホビーなど細かな作業に使いやすい小型LEDデスクライトの2種類がある。
ヒトの目にやさしい照明器具
人工照明には「ちらつき」「明るすぎ(眩しさ)」「不快な影のでき方」など目の負担となる原因の一端がある。ルピナスシリーズでは光を均一に分散させる面発光により「まぶしさ」を抑制。また照射面にはムラの少ない光を届け、ヒトの目にやさしい照明器具となっている。