普通の白熱灯は40W・60W・100Wなどとワット数で示すことが多いですが、
LEDの電球(白熱灯の形をしたランプ)は40W相当、と書いてあります。
この『相当』とは何だろうと思ったあなたは、食料品を買うときも何が入っているかや賞味期限を気にする方でしょう。
で、なんでそんな回りくどい言い方をしているのかといえば、
ルーメンパーワットという(lm/w),光のエネルギーに対する光源の効率で一般的に使われている単位で表すと、まだ蛍光灯にかなわないからです。
効率が蛍光灯より悪いというイメージがついてしまうと売れませんよね。
実はこの『相当』とは直下照度が白熱灯と同じクラスというだけのことなのです。
簡単にいうと、電球の真下の点(面)で測った時だけ同じ明るさ(照度)が出ているのです。
というとは、周りの明るさや、光源自体から出ている光の量(光束)は関係ないことになります。これはどちらも蛍光灯やメタハラやナトリウムランプ等よりも負けている数値がでていしまうからです。
同じ面積を同じ照度でとろうとすると、蛍光灯の方がLEDより効率が良いということになり、光の設計の仕方にもよりますが、場合によっては初期費用だけバカ高く、でも効率は低い、なんていう案件が出てきてしまいます。
もとはといえば、照度とか光束っていう単位に頼りすぎて(まあ拠り所がないと説得や説明ができにくいせいもありますが)この単位に逆に縛られてしまった結果が、この苦し紛れの『相当』という表現です。
本来の明るさ感や人間的に必要な明るさをもっと重視していればこうはならなかったろうな、と思います。
LED=効率が良いというのはまだ幻想ですが、技術の革新は日進月歩で進んでますのでこれからに期待です。
ただ、LED電球に変えれば電気代は安くすむかもしれませんが、効率や全体の光の量は蛍光灯に比べて減るのだということは覚えておいたほうが良いかもしれません。
LED電球(参考画像)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E5%85%89%E5%8A%B9%E7%8E%87
参考URL
一年前の参考記事
「LED照明、蛍光灯の代替としては未成熟」 日本電球工業界
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/27/news007.html


4chのDMX対応リレーです。
DMXでモーター等扱い時や、単にON/OFFするだけのモノなど用に便利です。
ディマーが掛からないので100v等の直電源がそのまま扱えるのが便利。容量3A×4ch。
野外での運用実績(4ヶ月×2年)あり。誤作動ゼロ。

以前、DALIが64チャンネルに対してDMXは512チャンネルと、DMXの優位性を書きましたが、当然DALIにも64チャンネル以上設備で運用することはできます。
計768チャンネル(12系統)ですが、基本的にはLANでつなぐことになり、
プログラムには各メーカーから出ているソフト(とハード)を使用することになります。
ここで非常に扱いにくいのは、各々のメーカーが独自のソフトで独自の対応するハードをだしているので、DMXのように違ったメーカーのものを組み合わせるということが基本出来ません。そのほうマッチングと言う意味で間違いないかと思うのですが、メーカーによって価格にバラつきがあるのでここもまた考えどころです。
というのもデバイスも各メーカーで統一しなければならないからです。
壁のスイッチにAというメーカーのものを使いたいと思ったときには、Aというメーカーのハードを使用しなければ原則的に使用することが出来ません。ということはどんなにハードが高くても選択しがそれしかないということになります。
1系統以上の拡張したDALIバスを設計する際にも当然DALIバス拡張用のハードも統一しなければなりませんから、また選択肢が狭まり、コストも決まった価格でしか出すことが出来ません。
メーカーに統一したほうが安心という面はあることは猷逸の利点としてあげておきます。
また、最近は無線のDMXも運用されてきつつありますが、ことDALIに限っては、専用の無線機器は聞いたことがありません。(赤外線を利用したスイッチならありますが、それには当然DALIの信号は通っていないので、まあ極論、TVのリモコンでも代用出来るというシロモノです。)
各ディマー同士を無線で繋ぎたい時に、DMXなら可能です。私も実績ありますが、周辺の電波状況を調べれば、誤作動はほとんどありません。
DALIも多少強引なやり方だと可能になりますが、コストは高くつくでしょう。また強引なやり方をするならはじめからDMXが無難です。
DALI(もしくはDSI)には、ヨーロッパで使われているという事から何か安心感やハイソ感?みたいなことを思って居る方がいらっしゃるかと思いますが、それは得体のしれない欧米に対する憧れを自ら吐露していることに他ならないかと思います。
もっと実態を把握してから実際の案件にスペックインされることをおすすめします。
DALIにも使い方や設計の仕方によって良い点もありますので、
もっと100v対応の製品が出てきて、各社が連携し合える状況があるともっともっと使いやすくなるかと思います。が、将来性は??というのが私の率直な感想です。
次回からは実際の製品についてのレビューを。

aelsysのDALI対応コントローラ。なんか前時代的?

DALIが信号規格的に優れているものではない事は以前お伝えしたとおりですが、
逆にこの点が施設照明において逆にメリットになる場合があります。
それは信号が遅すぎてカットチェンジできない、という点です。
DMXではきちんとカットチェンジできますが、DALIだと遅れるのですが、
壁スイッチなどのデバイスでシーンを切り替える際に、遅れる分だけ勝手にフェードチェンジしてくれるのです。
DMXでは、シーンの切替時にもフェード対応出来るものを用意しなければなりません。
その点でちょっとしたメリットがあります。
まあ、CFレコーダー等用意すればいい話なんですけど。
と考えるとあまりメリットでもないような気がしてきます。スペックインする際にあまり気にしなくてもいいという点ぐらい、か。

ercoのDALI紹介動画。
DALIでなくては出来なことは何一つないんですけどね、この動画内のことで。