【DMXking】Enttec製品との 比較

DMXkingの国内唯一の公式ショップはこちらです。

Enttec製品とDMXking製品を比べてみました。

主に日本の価格帯で比べてみます。どちらも税込。
(DMXkingは弊社ショップでの販売価格、Enttec製品の価格はアカリセンターさんを参考にしました。2021年3月現在)

【DMXking】             【Enttec】
・ultraDMX Micro ¥10890      ・OpenDMXUSB ¥10900

ultraDMX Micro とOpenDMXUSB

ほぼ価格は変わりませんが、DMXkingの方が高性能だと言い切れます。
なぜなら、Enttecの方はマイクロコンピュータが載っていないからです。
ですので、DMXkingより不安定になります。inのスロットル機能もついていません。ultraDMXMicroはついてますので、フルレートでDMXのinが入った時にも調整できます。


では、
【DMXking】             【Enttec】
・ultraDMX Micro ¥10890      ・DMXUSB PRO ¥24024

ultraDMX Micro とDMXUSBPRO

これはどうでしょうか。機能的には互角です。
機能的には互角ですが、DMXUSBPROにはinの端子とout端子両方ついています。ultraDMXMicroは一つで切り替えます。
先ほどのinのスロットル機能はDMXUSBPROにはついていません。使う頻度もそれほど多くないと思いますので、甲乙つけがたいですが、価格差が2倍以上あります。。DMXkingなら2台買えちゃいますね。


では、次。

【DMXking】             【Enttec】
・ultraDMX2PRO ¥35200 ・DMXUSB PRO ¥24024

ultraDMX2PRO とDMXUSBPRO

これはですね、機能的にはultraDMX2PROの勝ちですね、圧倒的に。DMXUSBPROにない機能がてんこ盛りです。

ultraDMX2PROの方が優れている点
-USBの他、Ethernetも使える(ハイブリッド)
-2ユニバース出せる(USB使用の際はソフトウエアに依存します)
-DMXのマージやスプリットもできる
-USBとEtherNetどちらも”同時に”使える
-レコード/再生機能がある(MicroSDカード別売)  などなどなど。。。

DMXUSBPROにしかない機能(機構)
-DMXのオス端子があることです。
(ultraDMX2PROはメス×2です。inとして使用する際には変換コネクタが必要です)
さすが価格が1.5倍DMXkingの方が高いだけあります。


では、
【DMXking】             【Enttec】
・ultraDMX2PRO ¥35200       ・DMXUSB PRO MK2 ¥32032

Enttec DMXUSBPROMK2

これはどうでしょうか。

ultraDMX2PROの方が優れている点
-USBの他Ethernetも使える(ハイブリッド)
-DMXのマージもできる
-USBとEtherNetどちらも”同時に”使える。

DMXUSBPROの方が優れている点
-MIDI対応
-DMXのオス端子×1、out端子の他についていることです。
ただD-subの口はやや賛否両論あろうかと。。。

その他の機能はほぼ同じです。価格はDMXkingの方が3000円ほど高いですが、ハイブリッドの点を考えると、メスをオスに変える変換コネクタ―を1個買った方が全然良いのではないかと思います。。

あ、レコーダー機能はどちらもついてますが、DMXkingの方は、2ユニバース)、Enttecの方は1ユニバースのみです。再生方法/シーケンスもDMXkingの方が選択肢が多いです。ただMicroSDカードは別売で実売2000円程度です。


【DMXking】             【Enttec】
eDMX1PRO ¥24200        ・OpenDMX EtherNet¥38500

eDMX1PRO と OpenDMXEthernet

イーサネット機能がある機器です。どちらも1ユニバースで機能的にはそれほど差がありませんが、
eDMX1PROの方が優れている点
-sACNでもArtNetでもどちらも使える。切り替える必要がない。
-sACNとArtNetもマージできる
-電源がUSB(OPENDMXEthernetは7vという変な電圧のACアダプターです)
-

OpenDMXEthernetの方が優れている点
メス端子の他オスの端子がついています。ただeDMX1PROはコンパクトさを売りにしているので、もともとつける気はなかったのですが。eDMX1PROはOpenDMXEthernetに比べて実に4分の一ほどの大きさです。DMXkingとしてはそもそも1ユニバースしか使えないのに、両方の端子を出しておく必要は無いというスタンスです。必要に応じて変換を使えば劇的に小さくなるよ。。。?という感じだと思います。

価格もDMXkingの方が1.5倍安いです。


【DMXking】              【Enttec】
・ultraDMX2PRO ¥35200        ・OpenDMX EtherNet¥38500 
ようやく勝負らしくなってきました。と思いきや。

やはり基本性能でハイブリッドであるultraDMX2PROの方が。。。。それに
-sACNでもArtNetでもどちらも使える。切り替える必要がない。
-sACNとArtNetもマージできる
-レコード/再生機能がある。(MicroSDカード別売。実売2000円程度)
-2ユニバース出せる
それに安いですし。。。


【DMXking】          【Enttec】
・eDMX2PRO ¥39600     ・OpenDMXEthernet MK2 PoE ¥44000

DMXKing eDMX2PRO ハイブリッドなのでイーサネットとUSBどちらもついています。

どちらもPoE対応ということで比べてみましたが、eDMXPROはハイブリッドです。Enttecの方はEhernet(LAN)のみです。
それにeDMX2PROは
-sACNでもArtNetでもどちらも使える。切り替える必要がない。
-sACNとArtNetもマージできる
-レコード/再生機能がある。
-2ユニバース出せる

ので、機能的にも価格的にもeDMX2PROの圧勝です。

さらに言うと、Enttecの方の価格にもう5000円足して、DMXkingの4ユニバースが買ってしまえるという選択肢も。

---------------------------------------------

いかがでしょうか。DMXkingの方が価格も機能も優れているといわざるを得ません。


Enttec製品の方を購入するときの理由を考えました。

1.24000円しか出せない、オスの端子が欲しい(変換はつけたくない)。という方はEnttecのDMXUSBPROを選んでも良いかと思います。ただ、EthernetとUSB、一台づつEnttec製品買うのであれば、DMXkingのultraDMX2PROを1台買った方が3万5千円程度お買い得です。

2.MIDIが欲しい、という方はDMXUSB PRO MK2を。DMXking製品にはMIDIがついているものはありませんので。

それ以外は・・・・。ソフトウエアの見た目とかでしょうか。外観や持った感じはDMXkingの方が高級感あると思います。あとは青がとても好きな人はEnttec、とか。

安定度はEnttecにDMXkingが劣るということはありません。むしろ・・・?気になる方はどちらも買って中身を見比べてみては。


DMXkingの基本的な資料はこちらです。Enttec製品をご検討しているのであれば是非DMXkingも検討してみてください。価格に対して優れた機能がたくさんついてきます。

製品サマリー

DMXking/Enttec/Kuwatech比較表


2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930