現在LEDのソフトウエアとして世界で名を馳せているMadrix.

そのオペレーターパートナーとして日本で唯一(2019年8月現在)認められました。

改めてエンドユーザー向けのライセンス契約を読み、その趣旨とイデアを理解いたしました。

これからも革新的な手法で精進していく所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。

2014年からのゴングさんに掲載されている記事をまとめました。

※おおよそカテゴリ毎に分けましたので時系列は前後してある場合があります。

※2018年5月以降の記事はバージョン5が基本になっていると思います。(それ以前は3)

-ゴングさんドイツでのmadrix講座

2019年06月13日 madrix講座 受講レポート6:チェイサー機能

2019年06月07日 madrix講座 受講レポート5:グルーピング設定

2019年05月31日 madrix講座 受講レポート4:3Dオブジェクトへのパッチ 

2019年05月27日 madrix講座 受講レポート3:アドレス不明fixtureへのパッチ

2019年05月21日 madrix講座 受講レポート2:様々な便利機能

2019年05月15日 madrix講座 受講レポート1:概要

-エフェクトパターン出力

2019年05月17日 fixtureへのエフェクトパターン出力3 

2019年05月13日 fixtureへのエフェクトパターン出力2 

2019年04月26日 fixtureへのエフェクトパターン出力1 

-Cue List

2019年01月25日 Cue List 10 まとめ

2019年01月21日 Cue List 9 タイムコード連携

2019年01月15日 Cue List 8 保存および読込

2019年01月08日 Cue List 7 再生(自動/フェード)

2018年12月25日 Cue List 6 再生(自動/時間)

2018年12月18日 Cue List 5 再生(自動/日付)

2018年12月12日 Cue List 4 再生(マニュアル)

2018年12月06日 Cue List 3 編集

2018年11月29日 Cue List 2 追加

2018年11月21日 Cue List 1 概要

-DVI出力

2018年11月15日  DVI出力 10 まとめ

2018年11月09日  DVI出力 9 DVIとDMX(Artnet)の同時出力

2018年11月05日  DVI出力 8 DVIとDMX(Artnet)の出力2

2018年10月29日  DVI出力 7 DVIとDMX(Artnet)の出力1(パッチ)

2018年10月23日  DVI出力 6 設定4 previews内項目

2018年10月17日  DVI出力 5 設定3 previews内項目

2018年10月11日  DVI出力 4 設定2 previews内項目

2018年10月04日  DVI出力 3 設定1 previews内項目

2018年09月27日  DVI出力 2 previews

2018年09月20日  DVI出力 1 概要

-Fixture Editor

2018年05月24日 オリジナルフィクスチャー作成4

2018年05月13日 オリジナルフィクスチャー作成3

2018年05月11日 オリジナルフィクスチャー作成2

2018年05月07日 オリジナルフィクスチャー作成1

-トラブルシューティング

2018年01月26日 複数ユニバース送出時 各ポートの設定

2018年01月10日 使用PC変更に伴うIP設定

2017年11月24日 Artnet出力 : IPとネットワーク

2017年08月29日 グラフィック改善(ドライバ更新)

2016年03月22日 USBメモリ認識

-Tips

2017年12月25日 DMX Fader Tool : 簡易的なDMX(ArtNet)出力

2018年05月22日 動画ファイルの音声再生(バージョン5~)

-madrix を外部DMXから制御

2017年12月19日 UserConfiguration

2017年12月13日 概要

-ノードの設定

2017年12月07日 入力(artnet remote)

2017年11月30日 madrix製品 / EtherMX

2015年01月12日 EtherMX

-SMPTE

2016年09月30日 SMPTE機能

-Cue

2016年09月28日 概要

-patch editor

2016年05月06日 3D オブジェクト

2013年10月09日 LEDキューブのパッチ

2016年04月21日 2D オブジェクト

2016年02月17日 fixture レイアウト

-matrix generator

2016年02月12日 group 機能

2016年05月06日 概要

-セットアップ

2014年05月26日 matrix generator2

2014年05月16日 matrix generator

-ArtNet設定

2014年12月21日 ArtNet設定

ダイアハートに接点呼び出しの機能がつきました。

また、希望を出したところ、すぐにバイナリ呼び出しの機能と、個別IPに特定のユニバースを送る機能も追加でつけていただけました。まさに脱帽です。

予備機能も「なるほど」という感じです。復帰時に動作がどうなるかはまた検証してみないと(お聞きしないと)分りませんが、

これで益々使い勝手が良くなりました。

クワテックさんありがとうございました!!

DIAHEARTのゴングさん連載まとめ、更新しています。

xLight、日本ではまだ馴染みがないですが、アメリカではLight-O-ramaと同様に使われているソフトです。
最近xLightを研究していますが、これは良いですね。

PCで使用するにはちょっと不安ですが、様々なデータのコンバートもできますしとても良い感じです。
xlightsの日本のユーザーさんと是非繋がりたい、と思っています。

今回のアップデートは大型です。今までで一番かもしれません。
スーパースターとpixcelEditorがある意味統合され、非常にパワフルなものになっていますね。
それにかゆいところに手が届く変更もいくつか散見されてもっと使いやすいものになっていると思います。

http://forums.lightorama.com/topic/46469-light-o-rama-version-5020-released-as-an-open-beta/

いまだベータ版ですが、正式リリースまではこちらを使ってみようと思います。
ソフトウエアの進歩に比べてハードの方が若干遅い気もしますがそれはしょうがないことなんでしょう。

ESAPROも2が出ますし色々と楽しみです。

つい2日前、ダイアハートにsACNの記録機能がつきました。
http://www.kuwatec.co.jp/diaheart/jp/history.html

昨年秋に機能追加されたsACNの再生機能ですが、実は無理を言ってクワテックさんに対応していただいておりました。
今回の機能追加も私から要望を出させて頂いて追加していただきました。
(要望を出してから1週間もたたずに!!)

本当に感謝です。
これでsACN(E1.31)しか受け取れない機器でもダイアハートからの制御が可能になりました。

この機能によって、
sACNで記録→sACNで再生
Artnetで記録→sACNで再生
sACNで記録→Artnetで再生
Artntで記録→Artnetで再生

と自由自在になり、ますます使い勝手が良くなりました。
すでに機能動作検証済みです。

クワテックさんありがとうございました!

DMX関係で取り扱っている主なラインナップです。

AC100v イルミネーション専用調光機他、DC用・リレー・SSR各種揃っております。およそイルミネーション関係(周辺機器含め)でDMXで扱えないものはほぼ無いのではないかと思います。

--主な共通仕様--
・基盤上のみで出力可能なテスト機能

・ch毎の保護回路

・接続容易なクラッチロック式端子台

・各種パイロットランプ(DMX/電源)

・アドレスが見やすい7セグ表示

・縦約14㎝共通仕様

・アドレス設定・テスト点灯操作も共通仕様
-------------

各種仕様書はこちらです。

他チャンネルや端子等あらゆるところをご希望に合わせてアレンジ可能ですのでお問い合わせください。

なかなかインターネットでは日本語で講座的なものがなかったsunliteシリーズですが、
mask dBさんが初心者向けに連載されております。

sunliteシリーズの概要を知るにはうってつけの講座ではないかと思います。
以下概要を紹介させていただきます。

---------------------

Nicolaudie sunlite マスター塾

その8 ESA2でのプログラム(その他Tips)

その7 ESA2でのプログラム(シーンの保存)

その6 ESA2でのプログラム(エフェクト2)

その5 ESA2でのプログラム(エフェクト)

その4 ESA2でのプログラム(実際のシーン作成)

その3 ESA2でのプログラム(シーン作成の流れ)

その2 ESA2でのプログラム(ソフト立ち上げ~パッチ)

その1 歴史と概要

----------------------
まだまだ続くそうですのでとても楽しみにしています。

DIAHEARTの再生には、『再生専用モード』と、『レコーダーモード』があります。

dmx/artnetでのトリガーやスケジュールでの再生をするには『レコーダーモード』での設定が必要になります。

今回はその『レコーダーモード』を使い、DMX/Artnetでシーンを呼び出す(トリガー)設定の方法を記述します。
(再生するファイルは既に記録・登録されているものとします。)

Clipboard001

まずは接続図。単純です。

Clipboard01

1.通常はPCに繋いだ状態でDIAHEART SETを立ち上げると、自動的にDIAHEARTを読み込み、シリアル番号が表示されます。

※もし認識(シリアル番号表示)がされなかった場合、メニューバーの「設定」から「再表示」を選択してみてください。
 それでもだめでしたら、LANポートのネットワーク接続が無効になってないかなど確認してください。

Clipboard02

2.シリアルの枠内の数字をダブルクリック。すると下図のような画面が立ち上がります。

Clipboard03

3.DIAHEARTに記録されたデータ(トリガーで再生したい)データをシーンに登録する。

右にあるDMX枠内のファイル名には、記録されたデータが列記されます。

Clipboard04

4.メニューバーのシーンから、「シーンを追加」を選択。

Clipboard05

5.追加するシーン数を設定→「追加」を選択。

Clipboard06

6.、右の「DMX」枠内から使用したいデータを選択し、ドラッグ&ドロップで「ファイル」という空白の部分に放り込む。

※任意で名称を付けてください。

以上で再生したいデータをトリガーで呼び出すための設定が整いました。

【補足】トリガーで(またはスケジュールで)シーンを再生する際に設定できる項目が上部にいくつかあります。

『範囲』
再生する時間の範囲を設定。
例:データの6秒目から15秒まで再生したい場合は「00:00:06.00][00:00:15.00]と設定する。

『繰り返し』
データを繰り返しループ再生したい場合にはここにチェックをいれます。

『フェード[秒]』
データ再生時のフェードタイム設定。
例:1秒フェードの場合は[1.0]と設定する。

【補足2】下部『試行』について

シーン名の横の試行のボタンを押すと、該当のシーンに登録されたファイルが、上部設定に従って再生される。

-------------------------

さていよいよDMX/ArtNEtでのトリガーでシーンを呼び出す設定です。

Clipboard10

1.メニューバーのシーンから、「シーン起動設定」を選択。

Clipboard11

2.下図のようなウインドウが開きます。

3.トリガー設定したいシーンを選択する。

Clipboard12

4.トリガーの種類を選択する。(ArtNetかDMXかを選ぶ)

Clipboard13

----
4-1.ArtNetの場合

Clipboard14

4-2.DMXの場合

----

5.各々呼び出したいチャンネルを設定(選ぶ)する。

以上でトリガーの設定が出来ました。
あとはDIAHEARTSETを終了し、DIAHEART本体にトリガー設定した信号のチャンネルを送れば、該当する(設定した)シーンが呼び出されるはずです。

特にvixenはpcベースで出力するにはイルミに良いかもしれません。Light-O-Ramaと良い勝負。

jinx!はマトリックスに良いですね。arkaosのledmapperやmadrixあたりがライバルでしょうか。

LightJamはムービング等も扱えますが、基本呼び出し型になりそうな気配。

いやはや色々なソフトがまだまだあります。。。

ソフトの選定には案件に対して適切なものを選べるかどうかが重要ですが、いくつかポイントがあります。
・操作チャンネル数(ユニバース数)
・スタンドアロン型があるかどうか(またはスタンドアロンに出来るかどうか)もひとつポイントですね。

なんにせよ、選択史が広がるのは良いことです。

LOR-Logo-RevB-267x75
selectMusicMode
showmode
Vixen3-Logo
LogoHead

メモ:
jinx!====PC/Artnet,E1.31,DMX/remote/DVI output/Directly play AVI/Audio Analyzer
LightJam=PC/Artnet,E1.31,DMX/OSC/Media serve/Scheduler/kinect/movinglights
Vixen====PC/E1.31/scheduler/web access/Timeline/preview
LOR======PC、Standalone/Artnet,E1.31,DMX/scheduler/Timeline/RDS/preview(pixelEditor)
madrix==PC,Standalone/Artnet,E1.31,DMX/Receive Time Code/Audio DSP/Remote/

補足です。

-------外部(卓)からDMXを記録する

Clipboard01

DoctorMXのinに外部卓を繋げるだけです。

なお、DoctorMXのPCソフト上の表示はモニターやコンソールが表示されていなくても正常に接続されていれば問題ありません。
(ただ、確認のためモニターくらいは出しておいた方がよろしいでしょう。)

-------再生方法

これは繋ぎ順を逆に変えてやるだけです。
つまり、EtherMX→PC→DoctorMX(out)→DMX対応機器

これで一通り記録と再生をDoctorMXを介して可能となります。

その2です。

実際の記録の手順についてご紹介します。

記録するにはまずデータが必要ですが、DoctorMXで外部入力や同期信号を使わず単独で、いわゆるカンパケのデータを作成するには、
『Qシートの時間モード』か『コンソールのリンク機能』を使用するのが一般的かと思います。

それぞれの機能については、DOCTORMX TIPSにそれぞれの項目がありますので必要であればご参考ください。

----データの記録手順

Clipboard10

データが準備出来ましたら、以下のようにDIAHEARTの○ボタンを押してください。
押した瞬間から記録がはじまりますので、データを可能な限り頭から同時に記録したいのであれば、データも同時にスタートする必要があります。

Clipboard11

※○ボタンですが、記録前は灰色で表示されています。若干色が薄いので、押せないのではないかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
押せますのでご安心を。押すと下図のように赤く表示され、記録中になります。

Clipboard12

-----記録の停止の仕方
下図のように、停止したいところで■ボタン(停止)を押すと記録が止まります。

Clipboard13

記録が止まると、ファイル名の入力画面に切り替わりますので、任意の名前を入力して、了解をおしてください。

※この時のキャンセルボタンは、データ記録のキャンセルではなく、名称に対するキャンセルになりますので、名称をいったん全部書き直したい時などに押します。(誤ってキャンセルボタンを押してもデータが消えることはありません。)

-----記録されているデータ(ファイル)の確認
初期画面の右側にある『ファイル』を押してください。

Clipboard14
Clipboard15

すると下図↓のような画面になり、左側に記録されているファイル名の一覧が表示されます。

※この時、ファイル名をダブルタップするとそのデータが再生されます。
 または、下図のように選択後再生ボタンでも再生されます。

ちなみに右側下に表示されている『名称変更』はファイルの名称の変更、『削除』は選択されたファイルの削除をすることができます。

---------
以上がデータの記録とその確認の手順です。

次回は外部卓や外部からのDMXをDIAHEARTに記録する方法を補足としてご紹介します。

DIA HEARTはArtnetのレコーダーですが、そのスケジュール機能や外部との連携等、優秀な機能がたくさんあります。

その機能に魅力を感じている方の中には、ただDMXレコーダーとして使いたいという方も多いのではないでしょうか。
(案件的に複数のユニバースを使用する必要がないという場合もあると思います)
そういう方にとっては、ArtNetでしか記録出来きないということは(金額的にも)高いハードル、制約となってしまいます。

そこでここでは、DoctorMXを用意するだけで、DIAHEARTをDMXレコーダーとして使用する方法と手順をご紹介します。

Clipboard02

1.各機器の接続
まず以下の図のようにPCとDoctorMXとDIAHEARTを接続して下さい。

※赤い四角のEthernet adapterは、PCにLANポートが無い場合にUSBをLANに繋げるためのアダプターです。
 LANポートがあるPCであれば、LANケーブルを直接差してください。

Clipboard01

↓以下は参考までに繋げた状態の写真です。

2.各機器の設定
上記の図のように接続したら、DoctorMXとDIAHEARTの設定をします。

‹DoctorMXの設定>
・DoctorMXを起動し、ウインドウ→機能を追加→ArtNEtを選ぶ。

Clipboard04

・ArtNetの設定を下図のようにする。
(動作は送信、Net,Subnet,Universeは0。必要であれば任意に変える)

Clipboard05

--------DoctorMXが正しく認識されていないと、下図のように『DoctorMXインターフェースボックスが足りません。』と表示されます。
 →DoctorMXの本体のランプが赤になっているかどうか、なっていない場合はドライバ等をチェック。

これでDoctorMX側からArtNetを送信できるようになりました。

Clipboard06

‹DIA HEARTの設定(表示の確認)>
・DIAHEARTが立ち上がっている状態で、右に表示されている「モニター」ボタンを押す。

※正常につながっていれば、自動的に左上のように、0/0/0と黒い四角が表示されます。
・3つの数字(この場合は0/0/0)は、0=Net/0=Sub-Net/0=Universeの意味で、DoctorMX側のArtNetで設定した番号が認識して表示されます。

Clipboard01

・左上の黒い四角の部分

これは、受信している信号が表示されます。一つの四角で1ユニバース分(512ch)の表示なので、細かくは確認できませんが、データを受信すれば緑のバーが上下するなど動きは分ります。(信号が受信しているかどうかの目安になります。)

Clipboard02

--------正常に受信できてない場合は下図のように何も表示されません。

以上がDIAHEARTとDoctorMXの設定です。

次回は実際の記録の手順についてです。

images

最近出たsunlite のSUSHIシリーズですが、

3種類あったり仕様が微妙にサイト毎に違ったものがあるので以下にまとめておきます。

SUSHI-RB/RJ/DS 共通仕様
・PC接続時128ch出力(オプションで512chまで拡張可能予定)

SUSHI-RB/RJ 共通仕様
・スタンドアロン時12ch出力(オプションで512chまで拡張可能予定)
・合計ステップ数及びシーン数:12ch時1266ステップ/8シーン
・使用可能ソフトウエア(3種)Easy Stand Alone 1 / Daslight Virtual controller 1 / Lumidesk Lite
・ボタン数1:シーン送り用(next botton)
・スタンドアロン時電源:5v

SUSHI-DSのみ
・使用可能ソフトウエア(4種)Easy Stand Alone 1 / Daslight Virtual controller 1 / sulite suite2004/Lumidesk Lite
・スタンドアローン機能無し

Clipboard01

RJのみ
・接点トリガー×2(オプション)
・RJピンアサイン(下記画像)

Luminai3が発表されています。

Clipboard03

すでに1か月ほど前に落としましたが、なんと、新しく買いなおさなきゃいけなかった・・・。

以前のLuminairと違う点はざっくりと以下の通り。

・64ビットになってIOS8にも対応

・UIが変わりました。(かなりの変化です。さわりのスクリーンショットを少し↓)

Clipboard02
Clipboard01

・シーンを細部まで設定できるようになりました。→後日解説してみます。

・FXエンジンが搭載され、ムービングの動きやLEDのカラーチェンジなどのプログラム作成に大いに役立つようになりました。

・フェーダーがLTPになりました。(HTPにも切り替えられる?られない?要チェック)そういうことなので、複数のチャンネルを複数のフェーダーにパッチ・アサインできるようになっています。(二重パッチ・二重シーン)

・バンプボタンが搭載されました。

・フルスクリーンモードの際にボタンのサイズをピンチ(拡大縮小)できるようになりました。

・シーケンスをボタンとして登録できるようになりました。バンプボタンと組み合わせれば内部のオーディオアプリと組み合わせて操作すると良いらしい。

・New per-sequence loop playback controls→ちゃんと触ってから書き直します。per-sequenceとは?

・アップルウォッチに対応しました。

・スケジュール機能を持たせました。

・ロックモードを新しくし、タッチIDにも対応させました。

・フィクスチャー作成モードを新しくしました。

・New app URL Scheme based upon Luminair’s OSC input capabilities→要チェック

・Hue へのタップにも対応させました。(タップでon/offできます)Hue用のタップスイッチがシーンのトリガーにもなります。

・ipad/iphone/ipod touchどのデバイスでもOSCとMIDIのinputに対応しました。

・ブルートゥースLEでのワイヤレスMIDIにも対応しました。

・同時に複数のMIDIinputにも対応できるようになりました。

・MIDI pro(別料金オプション)を購入することでMIDIのタイムコードやショーコントロール(MTC/MSC)にも対応できます。

・Schedule PRO(別料金オプション)を購入することで、天文時計など利用することができます。(スケジュール機能強化)

・Location PRO(別料金オプション)を購入することでiBeaconsやgeofencesに基づいてトリガーを受けることが出来ます。※iBeaconはブルートゥースを使ったアップルの位置情報サービス、geofenceも位置情報サービス。領域設定などが出来ます。

・スクリーンセーバー(壁紙)モードを追加。60分触らないと今アクティブになっているシーンの絵を表示させることなどが出来る。もちろん使わなくも出来る。

・Airplay対応(ipad/iphone/ipodtouch)

・動作改善のためいくつかの操作はバックグラウンド処理に移行

-------------------

こんなものだそうなんですが、いくつか読んだだけではわからないものがあるのでまた時間のある時にでも詳しく触ってみます・・・。とりあえず新機能紹介でした。MTC対応はうれしいかも。

またロケーション機能もなかなか面白いことが出来そう。早くちゃんと触りたいです。

Clipboard03