大光電機「調光機能付LEDランプDECO-L(デコエル)」など最新LED照明器具を発表


一番気になるのはやはり演色性。Ra85って、3波長以前の蛍光灯と同じくらいなんじゃ・・・。
あと、下のほう(つきはじめ)はどうなんだろう?みてみたい。
今巷に出回っているものと同じだとしたら、やっぱり細かい演出や動きには使えませんな。
シーン専用。

“大光電機「調光機能付LEDランプDECO-L(デコエル)」など最新LED照明器具を発表”へのコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    個人的な印象ですが、LEDの場合Raの数値と実際に目で見た演色性に相当なズレがありますね。5とか10位の差では、結局自分で見てみなきゃ分からないというのが私の実感です。
    Raの決め方自体がLEDという光源を想定してませんから、まあ当然と言えば当然なんですが、「新しい光源」を適切に評価する「新しい評価指数」が求められていると思います。

  • SECRET: 0
    PASS:
    そうですね。Ra自体が白熱電球から始まっているのを考えると少々無理があるかと思います。が、蛍光灯もそれを追って3波長とか出てきたのを鑑みると、LEDもまたしかり・・・と思うのは諦めすぎでしょうか。
    演色性についての「新しい評価指数」は必要かな、とも思うのですが、最近出てきている人間にとってどのくらい快適か指数を追求していくほうが、よいような気がします。なんか光源に振り回されている感じがして。
    LEDが出てきたから評価基準を作るのならば、蛍光灯に気の毒な気もしますし、またELが出てきた時に同じ評価にあてはめてよいのか、という問題も。なんかいたちごっこですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    全く新たな評価基準を求めるつもりはありませんが、白熱電球のように連続したスペクトルを前提にした平均評価指数であるRaは、その「平均」の出し方が(今となっては)粗雑に過ぎる気がします。

コメントは受け付けていません