LEDの放熱フィンをなくすことによるデザインの幅の広がり、についての記事

LED電球の放熱フィンはあった方がいいのか
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20110406/190888/
--------------------------------
確かに放熱フィンを採用することでデザイン的に限られている現状はあると思います。
ただ、放熱フィンを使った方が熱が逃がしやすいのは確か。
この両者の選択、どちらが良かったのか結果が出るのはまだ先のこと。
どちらにしても日本のメーカーが海外(特に台湾や韓国など)に比べて技術的に優れているということは確かなようです。放熱フィンにとらわれずにデザイン出来るので、下記のようなパナソニックの製品(光が三方向に出て放射角度300度)も作れるのでしょう。
どうしても電源や基盤を入れるスペースが必要なので白熱電球のようにはいきませんが、それでもLEDが光源で放射角度300度というのは確かに技術がなせる技だと思います。

----------------------------------
パナソニック、白熱電球のように光が広がるLED電球
~二重の反射板で、配光角は“業界最高”の300度
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110127_422849.html