昨年も色々とお問合せを頂きました。

取扱以来、北は北海道、南は九州まで、各現場で毎年使われています。
最近はクリスマスシーズンが終わってもお問合せがあるようになりました。
イルミネーションがオールシーズン化しているのだと思います。
機能面でも改良を続けており、ただいまのバージョンが5。
一昨年からのテストモード(回路チェック用)が好評で、機能を追加して良かったと感じています。
もともとは周りにそのようなものがなく、自分の仕事用に仕方なく開発したものですが、様々な現場で反響を頂いており大変うれしく感じています。
主な仕様は以下になりますが、特に基本機能以外で特徴的なのは以下の3点です。
・便利な回路チェック用テストモード
基盤のボタン操作のみで各回路のON/OFFが出来るセルフチェック機能がついています。
これによって、トラブルの原因を探る時間が格段に短くなりました。
・各回路にヒューズ取付済
一回路が漏電等で不具合が起きても他の回路に影響を及ぼしません。
被害が最小限に食い止められます。
・複数のパイロットランプ
出力時に各回路毎のパイロットランプが光ります。今どの回路が出力されているか一目でわかります。
また基盤本体に電気が来ているのかどうかや、DMX信号がきているかどうかも専用のパイロットランプで判別可能です。
以下、その他基本的な仕様です。
DMX対応(アドレスは自由に設定可能)
回路(チャンネル)数:8回路(8ch)
容量:1A×8
1回路毎点灯チェック可能(セルフチェック機能付)
※通常の100vイルミネーションストリングなら1回路15セット~20セット(1500~2000球)ほどまで。
(基盤一枚、8回路全部で合計12000球~16000球)
100v入力・100v出力
位相制御(100vイルミネーション用調整済)
50/60hz兼用※発電機等使用の際は、Hzがぶれないよう調整下さい。
DMXinput×1
DMXoutput×1(バッファ出ます)
基板寸法140mm×140mm
その他以下の点にご注意ください。
※コントローラ(ボタンで点滅パターンが変えられる物等)付きのイルミネーションでは調光出来ない場合があります。
ほとんどのメーカで整流器のみ扱っていると思いますので、整流器タイプをご用意ください。
(コントローラよりも安いと思います)
※経年劣化などによって漏電がひどいイルミネーションでは調光がきかない場合があります。明らかに状態の良くないイルミネーションは前もってテストして頂いた方が賢明です。(デモはお貸ししております。)
定価:オープン
価格はお問い合わせください。
仕様書はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です