ようやくハロゲンタイプのLED電球が市場に出てきた。

ハロゲン電球と同等の明るさのLED電球、日立から
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1104/14/news112.html
(一部抜粋)
同サイズのランプ径を実現しつつ、ほぼ同等の明るさの3000カンデラを達成したという。定格寿命は約13倍の4万時間で、消費電力も約80%削減した7ワットとなっている。4万時間使用した場合の電気代は、ハロゲン電球のDR110V40W/K5NE11(34.4ワット)では3万272円なのに対し、LDR7L-N-E-11は6160円(電力料金目安単価22円/kWhで計算)とコストパフォーマンスも約5倍近く差がある。
---------------------------
ようやくE11タイプが出てくるようになりました。
ハロゲン電球の大きさで代替ができるLED電球は、特に店舗などでは求められていただけに、
これから他社製品も続々と商品投入するものと思われます。