1億以上の色を知覚できる「スーパービジョン」を持つ女性が12%もいる可能性
------------------------------------
4つ目の錐体を持つ人がいるらしいですね。
色覚異常ならぬ色覚(人間)以上でしょうか。
赤、緑、青のほかに紫外線光の波長も見れるのだとか。(非常に波長が短い)
すごく深く色が見えるのでしょうね。うらやましいです。
今フルカラーLEDの世界ではRGBに加えて、WやAmも一つの器具に納められてその混ざり具合で色を創っているのですが、これからUVも一つの選択肢に加えられるのでしょうか。
というか4色型色覚の方はUVはどんな風に見えるのだろう?ただ単に強く見えやすくなるだけでしょうか?
女性の12%ということは、女性をターゲットにした施策にも使えそう。さりげなく。
ただどう見えるかわからないことには使えないので・・・。
誰か教えてくれませんか。あるいはお知り合いにいらっしゃいませんか。とっても興味あります。
5色型もあるとかないとか・・・・。人間ってすごい。

4色型色覚とは・・・

魔法の杖で100個同時操作もOK! LEDキャンドル「CENT CANDLE」

ワックス素材を採用、柔らかい質感 LEDカラーを12種類に変更できる CENT CANDLE 角型(LC-RB35S4)
これも面白い。『何らかのアクションをして、それに対する反応を楽しむ』インタラクティブ流行りですねー。
もう普通に魅せられるだけじゃ満足できないと。
いやはや腕が鳴ります。
LEDガジェット

これからのライブはインタラクティブが当たり前? Coldplayのオーディエンスを巻き込んだライブがすごくステキ(動画)
----------------------
これも良いですね―。ステージだけではなく、観客席からの光もコントロールしてしまうという。
次のステップは、これらのデバイスにIDを付けて右から左に流していくとか、フルカラーにして、曲毎のイメージカラー等を再現するとか、人文字状にしてしまうとか・・・・。夢は広がります。


LEDガジェット

イースペックさんの機材展に行ってきました。
ゴングのMさんともお会いでき、時間は短かったですが充実した時間が過ごせました。
イースペックHさん、ゴングさんありがとうございました。
会場はそんなに広くなかったですが、人は大勢いて賑わっていました。
その中でもアルカオスの展示スペースには異業種と思われる方々もたくさん集まっていて、
興味をひかれておりました。まだまだ照明の信号で映像を扱うというのは物珍しいのですね。
クワテックさんの新製品に関する情報もお話してくださいました。
それが出来たら革命的にすごいなー。
賞味30分くらいしかいませんでしたが、とても楽しかったです。

DiaLux

categories: 未分類

久しぶりに使用する機会があったので、またほぼ最新をDLしてきたのですが、だいぶ使い勝手良くなってますね。日本語も変に文字化けしたりしないですし。
まあ以前使ってたのは4.1とかだったでしょうか。
ウォークスルーが初めてついたくらいだったかと記憶してます。
IESファイルも結構な数のメーカー出てますし、この分野は益々Dialuxに染まってくのでしょうね。
ただランプの性能を測るものとしてはイマイチ。どうしても器具によるところが大きいので、
サードパーティー(?・ランプしか創ってない所)製のLEDランプとかはどの器具に入れるのかが重要だということが今回分りました。