■Windows
パソコンの起動時刻を設定する方法
コンピュータを特定の時刻に自動的に起動させるには、BIOS設定の変更が必要です。
コンピュータを立ち上げ、BIOS設定画面を呼び出す。ほとんどの機種は「Delete」ボタンを押すと、この画面が表示される(機種によっては、パソコン起動直後に、「Press DEL to Enter Setup(設定画面を開くにはDELキーを押してください)」というメッセージが表示されるものもある)。
「Power Options」に移動する。BIOSによっては、「Resume by Alarm」のように自動立ち上げ時刻の設定機能をサポートしているものもある。
設定を有効にし、コンピュータを自動的に立ち上げたい時刻を設定する。設定を保存してBIOS画面から「Exit」すれば、設定完了。
パソコンの終了時刻を設定する方法
パソコンのシャットダウンを自動的に行う場合は、タスク・スケジューラで設定するのがカンタンです。
スタートメニューを開き、「task scheduler」を検索。検索結果から「タスク スケジューラ」を開く。
右画面で「タスクの作成」をクリックし、任意のタスク名をつける。
「全般」タブで「最上位の特権で実行する」にチェックマークを入れる。また、ログアウト中であっても自動シャットダウンしたい場合は、「ログオンしているかどうかにかかわらず実行する」にもチェックを入れる。
「設定」タブで「タスクを停止するまでの時間」にチェックを入れ、「1時間」と設定する。
「操作」タブで「新規」をクリック。ポップアップ画面で、プルダウンから「プログラムの開始」を選び、「プログラム」の項目に「shutdown」、「引数の追加」の項目に「-s」を入力する。
「トリガー」タブで「新規」をクリック。タスクの頻度と実行する時刻(たとえば、毎日、午前12時など)を設定して、「OK」をクリック。
次のウィンドウで「OK」をクリックし、このタスクをタスク・スケジューラに保存する。
■Mac
Windowsに比べると、Macは比較的カンタンに設定できます。
「システム環境設定」ウィンドウを開き、「省エネルギー」パネルをクリック。
右下にある「スケジュール」ボタンをクリック。
「起動またはスリープ解除」にチェックを入れ、自動的に起動したい時刻を設定する。
自動的にスリープしてからスリープ解除するように設定する場合は「スリープ」を、システム終了してから起動するように設定する場合は「システム終了」を、それぞれプルダウンから選択して時刻を設定する。
「OK」ボタンをクリックして、設定を保存する。
パソコンを自動的に起動・終了する方法は、ほかにもありますが、今回は比較的簡単でソフトウェアも不要な方法をご紹介しました。

以前の記事でDoctorMXのシーンデータをLuminaireに移行可能ということを書きましたが、今回はその方法です。
1.まずLuminar側の設定

PCと同一ネットワークに設定し、inputのユニバースを1にする。
ここでは、192.168.3.×(×は任意の数字でPCのIPアドレスと番号違い)
※上のIPアドレス(192.168.3.3)はipadのアドレス、下のnodeのIPアドレス(192.168.3.3)はDoctorMXが繋がっているPCのIPアドレスです。
※ここでは、sub-netは0、inputのユニバースは1ですが、DoctorMXでの設定と同じ番号にすれば良いです。
2.そしてDoctorMXの設定

ウインドウ→機能を追加→ArtNetを開き、『動作』を送信、DMX出力は関係ない(ここではArtNetが送信できれば良い)のでなんでも良いです。
sub-netが0で、Universeが1(ipad側のLuminarの設定と合わせます)
※流れ図上ではArtNetはここでは送信できれば良いのですが、コンソール等(ArtNetを出力する用の機能)より下が良いでしょう。
これでコンソールからフェーダーをあげると、Luminar側のinputで確認できます。

※ここでは1~3のフェーダーを100%で送っています。
そのままinput recordすると下に受信したデータのキューが保存できます。

※キューの左上が波線だとinputから保存したQ,フェーダーのマークだとLuminar上で作ったデータです。
・補足
それをまたDoctorMXのコンソール上で編集したい場合は、
DoctorMX設定
『ArtNet』でArtNetを受信に切り替え,DMX動作をミックスに。
『流れ図』上でArtNetを一番上にし、
『コンソール』のチャンネル動作をミックス、そして入力状態のボタンを押す。
Luminarでは、
inputを記録したキューを押す。
すると、DoctorMXのコンソール上にデータが現れるので編集出来ます。

ドクターMXで作って、それをipadで操作する方が、使い勝手が更に良くなるのではないでしょうか。
Luminair等ipadアプリ と他機器の連動・操作に関するエントリ
Luminair (DMX lighting control) - Synthe FX

DoctorMX
多機能なドクターMX(DoctorMX)多機能なdoctorMX(ドクターMX)
ArtNet送受信・OSC送受信・MIDI出入力対応。
The new iPad 第3世代 wi-fiモデル 64GB MC707J/A 国内版

ヤマギワ、待機電力ゼロのLEDスタンドライト
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110921_478893.html
----------------------------------
『スイッチOFF時の待機電力をゼロにした点が特徴』らしいのですが、
今までもありましたよね。
というかACアダプタ(電源部)がスイッチの川上にあるか川下にあるかの違いです。
それを「待機電力ゼロ」という風に転換するという考えはなかったです。着眼点が素晴らしい。
いままでの同業他社タスクスタンドでも『待機電力ゼロ』のLEDスタンドはあります。
熱の関係で電源を川上におく(=スタンドは意匠が大事なので、ほとんどの場合土台か頭かに隠す)のをためらっていたと思うのですが。
なんにせよ、革新的でもないことを、言い方を変えて特徴づけるというのは、商売上とてもうまいと思いました。

マーティンの両面ムービング(401)も出てきたときなかなか衝撃でした。

これも考え方はちょっとありそうでなかったタイプ。ムービングではないですが。

スポット型で4ブロックがそれぞれ独立して点灯制御できます。
バーやパネル型ではあったかもしれませんが、スポット型ではあまり見た事ありません。
まあバーやパネル型であるんだからスポットでも出てくるのは必然なのでしょう。
いろいろでてきますが結局残るのは・・・・。楽しみです。

これ、よいですねー。
わざわざipadに線をつなげようとするとか。
ただipadがよりMIDIで拡張性を持たせるためには、ある意味必須アイテムではないでしょうか。
でも持ち歩けなくなってしまいますね・・・。
----------------------------------------------------------
Luminair等ipadアプリ と他機器の連動・操作に関するエントリ
ALESIS ( アレシス ) / iO DOCK

The new iPad 第3世代 wi-fiモデル 64GB MC707J/A 国内版

東芝、3原色のLED搭載で幅広く調色できるLEDシーリングライト
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110909_476374.html
---------------------------------------------------
すごいです。
LEDが5種類(WW,W,R,G,B)搭載されたシーリングライト。
さながら全部のせといったところでしょうか。
価格が気になるところですが、住宅でのカラーライティング需要を掘りだせるか。そもそもそんな潜在ニーズがあるのかどうかの方がもっと気になるところです。


100vLED用ストリングディマーの注文がありました。
合計160ch分の計算になります。
また某テーマパークへの冬の催し物への採用も決まりまして、そこへ14枚ほど納入予定です。
このブログ経由でのお問い合わせも増えてきました。うれしい限りです。
ただいま納期は3週間ほどとなっていますのでクリスマスシーズンに間に合わせるためにはお早目にお問い合わせ下さい。
問い合わせは下記までメールをお願いいたします。
kaneko@lasens.com
主な仕様
DMX対応(アドレスは自由に設定可能)
回路(チャンネル)数:8回路(8ch)
容量:1A×8
1回路毎点灯チェック可能(セルフチェック機能付)
※通常の100vイルミネーションストリングなら15セット(1500球)ほどまで。
(8回路合計12000球)
コントローラ付イルミネーションは、接続動作確認の上お使いください。
100v入力・100v出力
位相制御(100vイルミネーション用調整済)
50/60hz兼用
DMXinput×1
DMXoutput×1(バッファ出ます)
基板寸法140mm×140mm
定価:オープン
価格はお問い合わせください。
仕様書はこちらです。

LED節電システム、ネット経由で点灯・消灯

22平米でシステム込み20万ということで。
そのぐらいで出来ちゃうんですよね。
だって、私でもこれ以下で一式できてしまいますもの。(工事費別。この記事のも工事費はきっと別でしょう。)
今後このような中小の企業が続々と出てくることで、またLEDやシステムにも価格破壊が徐々に浸透していくことでしょう。
あとはアフターケアをどう見るか。アンドロイドのアプリの開発費とか?はすぐに出来てしまいそうですし。
行く末を見守りたいと思います。
とはいえ、記者の方も『節電』の文字をいれとけばなんとかなる的な考えはどうかと思います。

調色/調光型 有機EL照明VELVE
http://www.mcmedia.co.jp/corporate/news/information/release_2011/2011_002.html
三菱化学、調色・調光できる有機EL照明のサンプルキットを出荷
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110412_438995.html
--------------------------------
少し前の記事になりますが、出ていますね、フルカラーの有機EL。
DMXでもDALIでもコントロール可能とのこと。
28lm/W。
以前の記事でもお伝えした有機ELも三菱化学のもの。
更に光デザインの可能性が広がります。

省エネのLED電球で本当に電気代を節約できるのか!?
非常に細かく検証して、かつ蛍光灯型電球も比較に加えているのが好印象です。
ただ疑問点は以下の2つです。
・本当にLED電球は寿命いっぱいまでもつのか。
・何年も同じ明かりだと飽きるかもしれないという人間の生理・嗜好を鑑みていない。
 (検討しようがなくしようがないですが)
『引越し等で住まいが変わる場合も電球を抜いて、引越し先まで持っていく』そんな習慣・ライフスタイルが出来るかもしれませんね。
あるいはそういう事ができないと、逆にコストがかかってしまうのが家庭で使うLED電球なんですね。。。。
ようは寿命いっぱいまで使いきれる覚悟があるかどうか。
これも大事な問題です。
LED電球いろいろ

これです。
Bias Lighting
液晶TVの背面に取り付けるだけで間接照明にもなる面白いキットです。
部屋を暗くして目を悪くするよりもずっとこの方が目も疲れなくて良いです。
取付も結構スマート。
また、結構よい雰囲気。電球色もあればいいのだけれど。
以下から買えます。2000円弱なので気軽に買えるところもいいですね。

BIAS LIGHTING USB 6LED 間接照明キット Halo 6 LED Bias Lighting Kit

イルミネーションの時期に来て100vの家庭用電源で点灯するイルミネーションをDMX信号で操作、制御出来る調光機の問い合わせが増えてます。
実績も多数。屋外でシーズン毎3ヶ月×4年間問題無しの案件を始め、様々な案件で問題なく稼働しております。

元々は私が自分の案件をデザイン中にどうしても必要になり、その筋の専門家に作ってもらったものですが、思ったより反響が大きく、手に入らないかという問い合わせが増えましたので十分な稼働実績を経て昨年より販売開始しました。
通常のディマーではコントロールしようと思っても付き残ってしまう、調光がスムーズでない、そんな課題にお応え出来る製品です。
今の最新のものでは、回路毎、全点灯がDMX入力無しにチェック出来る、セルフチェック機能も加えております。
主な仕様(仕様書ございます。)
DMX対応(アドレスは自由に設定可能)
回路(チャンネル)数:8回路(8ch)
容量:1A×8
1回路毎点灯チェック可能(セルフチェック機能付)
※通常の100vイルミネーションストリングなら15セット(1500球)ほどまで。
(8回路合計12000球)
コントローラ付イルミネーションは、接続動作確認の上お使いください。
100v入力・100v出力
位相制御(100vイルミネーション用調整済)
50/60hz兼用
DMXinput×1
DMXoutput×1(バッファ出ます)
基板寸法140mm×140mm
定価:オープン
価格はお問い合わせください。
仕様書はこちらです。
防水ボックス入り平行プラグ仕様
(DMX信号線はご用意の上接続下さい)

動画アップします。少々画質が荒くて申し訳有りません。
カーブをみるために「点灯→あおり→消灯」を繰り返しています。

最後に昨年お使い頂いた方でこのブログに寄せられたコメントをご紹介します。
--------------------
非常に安定しており、しかもローコスト。扱いやすい。
10枚ほど利用させて頂いておりますが、ノー問題。
オススメです。
「良いイルミネーションのため、何かお力になれることがありましたらまたなんでもお問い合わせください。」
頂いたメールの通り、カネコ様の親切丁寧な対応に感動しました。本当に頼りっきりでしたが(笑)
本当に有難うございました。
---------------------
お問い合わせは左記より、お気軽にご連絡、ご相談下さい。