大江戸線への乗り換え通路と階段部分です。
特に階段部分の緑のテクスチュアに驚かされました。蛍光灯がそのままデザインの一部になっています。あと、通路部分で点いていない部分があるかと思うのですが、「節電」だそうです。そう書いてありました。切ないなぁ。
蛍光灯が疎んじられている風潮にある今日この頃ですが、やっぱり使い方次第だなと。明るいですし、良いところたくさんあるんですよね。

あと写真は無いんですが最近改装した表参道のスパイラル前の出口も地上から入る時に黄色のラインが連続して出ているのですが、埋め込みの蛍光灯は白なんですが、当てているところが鮮やかな黄色なんです。階段上る時には意識しない(目線があまり行かない)のですが、上る時にはそれほど綺麗には見えません。そういった人の意識も考えてるんでしょうね。
最近、駅が改装ブームです。ビフォア&アフターで見ていると面白いです(^^

ハウ○の動く城展。
夏休み中ははすごい人出だそうですね。ここ一ヶ月は行ってないんですが。バラシ撤去が近づいてきて、更に次も・・・。テントの部屋はもちろん美術館内全部の照明プラン・施工だったんですが、大変勉強にもなった現場でした。4ヶ月間、結構短かったなあ。あ、ちなみにオペ用の人間はいませんね。当たり前ですが電源入れてそのまま全自動でプログラムが1日中動いてます。撤去も頑張らなくては・・・。
今日は書くこと思いつかないので、こんなところで。