カテゴリー: イルミネーション

イルミネーションは今年は少ない?

数としてはやはり減っていると思いますが、今現在の問い合わせ中の案件も考えると、
新規はないが、『例年のものを使用して少し規模縮小で実施する』というところがほとんどではないでしょうか。
だからモノはあまり動いてないのかもしれませんね。
逆にモノの数を増やすわけにはいかないので(節電等等の影響で)演出系に目が多少向いている雰囲気もあります。
この基盤もここへきて問い合わせがまた増えてきています。今まで買った100vのイルミがそのままDMXで動くのですから、お手軽です。
無事某テーマパーク納品の分もきちんと稼働しているようです。
まだイルミネーションは少し動きがありそうな・・・(特に地方が)感じです。

今年もやっています2

吉祥寺のイルミネーション。
昨年とそんなに変わりませんが、システム設計・プログラミング等等をやっています。
意外と知られてませんが、カウントダウンも電光掲示板を使って毎年やっています。

今年は仕事中は暖かかくて良かったです。

今年も開催しています。

今年も私が25万球すべてデザイン・プランニングしました。
http://www.alps-azumino.org/illuminations/
去年はどちらの地区もやりましたが今年は同時開催もあって、大町地区のみです。
東京のイルミネーションとは考え方もアプローチの仕方も全く違う、公園の立地と景観ならではのイルミネーションを展開しています。
私の中にあるサブテーマは「おじいちゃんと孫の会話が増える場所。」
たくさんのお客様に来ていただきたい、楽しんでいただきたい。
1月15日までです。お近くにお出での際には是非。
写真は去年の両地区のイルミネーション。それぞれの地の利の特徴を生かしたプランニングとなっています。

冬のイルミネーション、首都圏で例年通りは約3割

冬のイルミネーション、首都圏で例年通りは約3割
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE1E6E0E2E0E5EBE2E0E1E2EAE0E2E3E39EEAE0E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7
----------------------------------------------
12社・団体のみの回答らしいですが、検討中が半分ということ。
六本木ヒルズなんかは自家発電などもありやりやすいでしょうが。
ソーラーパネルも今年は流行りますね。

特に首都圏は「例年通り」やるという決定を出し図らい状況。本当に今年は遅いですね。
駆け込み需要も結構ありそうな予感です。

より一般的になってきた夏のイルミネーション

LEDがイルミネーションに使用されるようになってから結構な年数が経ってますが、
近年夏でもイルミネーションを実施し、街おこしやイベントに活用するケースが都会のみならず地方でも全国規模で見られるようになりました。
記憶に新しいのは東京タワーの天の川イルミネーションですが、他にも多々催されています。
新潟
「大手通サマーイルミネーション」&「まちなかナイトウォーキング」
山形
花笠イルミネーションアーチ節電…電球の数減らし
岩手
遠野・めがね橋 イルミネーションで復興を願う
愛知
天王祭ムード盛り上げ 名鉄津島駅前に電飾登場
富山
富山の真ん中で音楽を満喫 大手モールでチャリティーライブ
兵庫
竹野で「ウミナリエ」 海辺彩る光のイベント
「海の貴婦人」海王丸 ハーバーランドに入港
福岡
夜の海水浴場に鮮やかツリー 岡垣・波津
茨城
「恋人の聖地」笠間でハートのLED9000個点灯
三重
志摩スペイン村:夜空彩る花火、電飾 あすからナイター /三重
山口
日本丸、沖合のシャンデリア
広島
瀬戸内海汽船 銀河 ナイトクルージング、2011年海の日からスタート
海外
今年のパリ祭! ~ フランスワーキングホリデー(エッフェル塔のイルミネーション)
救世主マハディの生誕日、今夜からイラン全国で祝祭(住宅等イルミネーションで彩り)
等等。
もはやイルミネーションは冬やクリスマスだけのものではなくなってきました。
ここで大事にしたいことはイルミネーションを実施する意義と確かなプランニングだと思います。
雨後の筍のようにならないよう、十分計画を持って実施に望むことが、催し物にとっても良い事だと考えます。

今年のハウステンボスは観覧車が目玉。

ハウステンボス11月に観覧車 7万個のLED輝く
http://www.asahi.com/travel/news/SEB201107260052.html
-----------------------------------
昨年700万球の規模で東洋一というイルミネーションを実施したハウステンボスですが、
今年はLEDをまとった観覧車が登場するそうです。デザイン等はあまりデザイナーは絡んでない?様子ですが
(横浜の観覧車とほぼ作りは一緒らしい)綺麗でしょうね。
一度行ってみたいとは思っているのですが、まだ行けてません。今年は足を延ばしてみましょうか。
忙しくなければ・・・。

4月のイルミネーションは季節外れか。

輝く夜桜 植物公園彩る
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201104020025.html
--------------------
4月2日~10日までの土日限定らしいですが、桜の見ごろに合わせてということです。
日本ではクリスマスシーズンにやるものというイメージが強いイルミネーションですが、
もともとは季節は関係なかったようです。
参考:wikipedia イルミネーション
というよりはバレンタインもそうですが、商業的色合いが強く、おもに施設等がクリスマス商戦にからめてイルミネーションも市民権を獲得するに至りました。
海外でもその傾向はありますね。
最近では、10月頃~2月頃と、海外よりも長い期間、日本ではイルミネーションが点灯されるところが増えてきました。クリスマスから、バレンタインまで伸ばしてしまおうという商業的な動機によるものです。中には終わりが4月初旬、なんてところもあります。
参考:相模湖イルミリオン
商業ビルや店舗では、植栽などで通年点灯というところもちらほらと増えてきています。
クリスマス以外にもイルミネーションをやる動きは確実に広まってきていて、
『夜でも人が集まり、楽しめる場所を創るため』にイルミネーションという選択肢があるということが季節に関係なく浸透しつつあります。
太陽光発電における自家発電も利用できる(まだまだ問題ありますが)LEDのイルミネーションは、これからも増え続けていくでしょう。
ただ、光害を増やさないようにするデザインや工夫、環境が普及に比べておざなりになっているところも多々見受けられますので、心配なところです。
逆に言うと、その点で仕事が増えてきているのも事実です。
『問題は分かっているけれどどこに頼んでよいのかわからない』ということを良くクライアントや打ち合わせ先などで耳にします。
イルミネーションも量に加えて質も求められる、季節に左右されないイルミネーション。そういう要望も徐々に増えてきています。
----------–

700万球のイルミは伊達じゃなかった。

ハウステンボス、第1四半期は黒字化-入場者は53%増
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=48392
------------------------------
イルミネーション以外にも様々な試み。トータルでいつも人をひき付ける施策。
どこでも求められていることです。特に夜も来場者を受け入れられる態勢と催し物の果たす役割は多かったのではないかと考えています。
今もこんな催し物が。
夜も楽しい!花の王国の3大ナイトスポット
http://www.huistenbosch.co.jp/event/flower2011night/index.html
今年は東日本ではどれだけのところが実施するのかわかりませんが、
お役にたてるような案件は環境や状況もこれまで以上に十分に考えてプランニングしたいと思っています。