「完璧なツリー」作る方程式が考案される

「完璧なツリー」作る方程式、英大が考案
-----------------
ヤフーニュースですぐ消えてしまうと思うので、以下に本文を。
【AFP=時事】「完璧なクリスマスツリー」の作り方を導き出す方程式を、英シェフィールド大学(University of Sheffield)が発表した。
 同大の数学協会が考案したこの方程式を使えば、ツリーの枝葉の緑と飾りのオーナメントが最も調和する比率が分かり、寂しすぎず派手すぎることもない完璧なツリーが作れるという。以下がその方程式。(長さや高さの単位はセンチメートル)
■オーナメントの数 = 17の平方根 ÷ 20 × ツリーの高さ
■モールの長さ = 13 × π(パイ、3.1415) ÷ 8 × ツリーの高さ
■電飾の長さ = π × ツリーの高さ
■ツリー最上部に乗せる星の直径 = ツリーの高さ ÷ 10
 例えば、高さ180センチのツリーの場合、オーナメントは37個、モールは全長9メートル19センチ、電飾は同5メートル65センチ、そして星の直径は18センチが最適だそうだ。
 計算が面倒なら、同大ウェブサイト(http://bit.ly/SRJ7U0)で簡単に使える計算ツールが提供されている。【翻訳編集】 AFPBB News
------------------------------------
ということです。
ウエブサイトでは、ツリーの高さを計算式にいれるだけ。
でもこれってツリーの直径が考えられてないんですが、大丈夫なのか。
まあ高さに比例してある程度は形決まってますけれど。
加えて、これは家庭のツリー等主に屋内ツリー用に考案されたものでバランスも好き好きでしょうが、屋外等イルミネーション用のツリーにしては電飾の数が少ないです。
クリスマスツリー
クリスマスツリー用 オーナメント