歌舞伎座のLED照明お披露目

categories: ライティング

伝統舞台映えるハイテク灯 新しい歌舞伎座
http://www.asahi.com/culture/update/1117/TKY201211170331.html
----------------------------
新しくしたことによって照明器具も一新されたようです。
ただ、LEDはホリゾント染めのみの模様。ベースに使われる照明はまだまだというところですか。
歌舞伎座の照明がLEDの色味や演色性にまだあっていないとみるか、LEDはまだまだついていけないとみるか。
それにしても、LEDなのに、既存の照明器具よりも大きいって、それ省エネはいいかもしれないけど、
LEDにとって代わったメリットととしては、半分じゃないでしょうか。
いや、大きくなってお客さんの視界に入る範囲が大きくなる可能性があがるということですから、
むしろ舞台芸術としてはマイナスなのではないかと思います。
記事の中で照明プランナーが『ハロゲンの光はまだ白く達成度は90%。100%になるまでは、たとえ開場しても白熱球を使う』と仰っていますが、ハロゲンでまだだったらLEDなんかまだもってのほかということですよね。
無理やりLEDをいれられちゃった感が否めません。自然な光りを大事にする演目が多いですから、LEDを導入するのであれば、歌舞伎座よりもっと合うところあるのではないでしょうか。