【DMXking】LeDMX4PRO) 小さいだけじゃない、信号の併用でモンスター並みの運用力。

LeDMX4PROは、それだけでもコンパクトでリーズナブルなSPIドライバですが、

DMXポートを備えていることで、1ユニバース分のArtnet/sACN-DMXコンバータの代わりにもなります。

どういうことかというと、こういう事が出来ます。↓↓↓

入力したArtnetまたはsACNをSPIに変換しながら『DMXポートを介して他のDMX機器を操作』できます。

そして、下記のようにその逆もできたりします。

入力したDMXからSPIとArtnet/sACNに変換

これだけでもコストカットにずいぶん貢献できます。何しろDMXコンバータが1ユニバース分ついているわけです。

また、そのDMXkingの優れたマージ性能によって、下記のようなことも可能です。

Artnet/sACNと、DMXを混ぜてSPIを出力しつつ、DMX入力からのユニバースはネットワークへ

ちょっと複雑に見えますが、そうでもなく。ただ、こんなことも出来るpixelドライバはそうそうありません

これで終わりではありません。さらにLeDMX4PROにはレコード機能もついています。

レコードしたショーデータからもSPI,DMX,Artnet/sACNが出力可能です。(レコード時に流したデータ次第です)


そして、ですね、このレコード機能も絡めて運用も可能なんです。こんな風に↓

さらにスナップショットなども絡めることができるので・・・。いえ、今日はここまでにしましょう。

とにかくLeDMX4PROはとびっきり優秀なピクセルドライバです。

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930