【Madrix】タイムコードまとめ

Madrixには、様々なモードでタイムコードに対応していますが、少々煩雑なので、下記まとめておこうと思います。(バージョン5.5時点です)

■出力(ジェネレート)→Artnet timecode , Midi timecode(MTC)の2種類
Madrixから上記timecodeをジェネレート(出力)したい場合は、それぞれ下記の方法で出力します。


1.タイムラインモードで送る:MTCのみ
 タイムラインモードではMTCの出力が可能です

2.Time code sender(付属アプリ)で送る:Artnet timecode のみ


 【Madrix本体とTime code senderを同期させたい場合】(下記2種類の方法で可能です)
1.キューリスト側の受け取り設定をArtnetにして、Artnet timecodeで同期させる
 (デバイスマネージャーでArtnetを有効にする必要あり)


2.キューリスト側の受け取り設定をsystemtimeにして、systemtimeで同期させる。
※Timecode Senderでsystemtimeにチェックを入れ、キューリスト側でsystemtimeに設定すると、Windowsの時刻を各々が参照する形で同期が可能です。
  

■入力→SMPTE、MTC、Artnet timecode、system timeの4種

Madrixでtimecodeを受け取りたい場合は、キューリストモードでのみ可能です。

キューリストモード:SMPTE、MTC、Artnet timecode、system time 
 上記いずれかを選んで受け取れます。

以上、Madrixが対応しているタイムコードについてのまとめでした。

ーーーーー

また、Madrixにぴったりな相性で、DMX制御に最適なノード、DMXkingはこちらです。
MadrixとDMXkingについての記事も多々アップしています。
https://lasens.com/%e3%80%90%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%80%91dmxking%e3%81%a8madrix/

■DMXking製品についてはこちら

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930