様々なソフトをDMXking製品と繋げてDMX・Artnet・sACNでの動作検証と接続をご紹介するシリーズです。
今回はTouchDesigner(タッチデザイナー)です。

--------------------

DMXkingと各種ソフト接続記事一覧

DMXking製品は数え切れないほど様々なソフト・機器に対応しています。
-------------------------------------------

タッチデザイナーでは、下記の方法でのDMX出力・DMX入力が可能です。
(それぞれの接続をクリックすると、接続可能な製品の一覧が表示されます)

1.USB接続:ultraDMXシリーズ等...

2.LAN接続:eDMXシリーズ等 …

なお、ハイブリッド型であるultraDMX2PROeDMX2PROは、USB接続とLAN接続どちらにも対応しており、なおかつ同時に使用も可能です。

下記で、LAN接続でのArtnet出力、LAN接続でのsACNでの出力、USB接続での出力それぞれご紹介します。

ultraDMX2PROとeDMX2PROはUSB,LANどちらからもDMX/Artnet/sACNの接続・出入力が出来るハイブリッドデバイスです

-------------------------

【接続前確認事項】
各ソフトと繋げる前に下記事項をご確認下さい。

■USB接続の場合
・USBがPCときちんとつながっているか、またDMXking製品に電源が入っているか
USB-シリアル通信のドライバがインストールされていて、繋げているDMXking製品はPCに認識されているか

■LAN接続の場合
・LANケーブル等でDMXking製品ときちんとつながっているか、またDMXking製品に電源が入っているか
・PC及びDMXking製品のIPアドレスが同じネットワークになっているかどうか

---------------

【接続方法(DMX/Artnet/sACN共通)】

タッチデザイナーを立ち上げます
このような画面が立ち上がりますので、適当な余白でダブルクリックし、下記のウインドウ↓を表示させます。
CHOPを選び、DMXのINまたはOUTを選択します。DMX OUTを選択しますと、↓
新しいもの(DMX CHOP)が現れ、その設定が右上に表示されます。
設定のInterface を開くと、各種対応するインターフェース/プロトコルが表示されます。
USBでの接続であれば[Enttec USB Pro](DMXkingはUSBPROと完全互換です) , LANでの接続であればArt-NetかsACNを選びます。

【Artnetを出力する場合の設定】

Artnetを選び、下部のNet,Subnet,Universeの設定をします。
(DMXking製品で出力したいポートとユニバース設定の数字を合わせます。)

※DMXking製品の設定については弊社日本語【マニュアル】設定用ソフト v1.9他、マニュアル類をダウンロードページよりご確認下さい。

続いてnetworkタブから、接続しているPC(LANアダプター)のIPアドレスを指定します。
あとは、何かと繋ぐだけです。

【sACNを出力する場合の設定】

InterfaceでsACNを選び、Artnetと同じようにユニバースの数字を入れ設定をします。
(使用するDMXking製品のポートと同じ数字にして下さい。タッチデザイナーでは他のソフトと同様にプライオリティの設定も可能です。)
ユニバース1に変更したところです
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7-Artnet2.jpg
Artnetと同じように、PC(LANアダプター)のIPアドレスを設定したら、後は何かと繋ぐだけです。↓
ああtあとあ

【USB経由でDMXを出力する場合の設定】

Interfaceを「Enttec USB Pro」を選んで、Device欄 右の矢印をクリックしてください。
DMXkingデバイス(ultraDMXMicro/ultraDMX2PRO/eDMX2PRO)が認識されていれば、
機種のナンバーが下部に現れますので、それを選択してください。
(この場合は[6A5P4SUI]がそれにあたります。)
↑選択した様子↑

あとは他と同様に何かにつなぐだけです。

【DMX inに設定する場合】
DMX inとして使う場合は、CHOPでDMXinを選びます。

上部のInterfade欄で、ArtnetまたはsACNまたはEnttecUSBPROを選びます。(希望のものを選んでください)
例:USB経由でDMXを取り込みたいなら EnttecUSBPROを選んで、Deviceを上記DMXoutで設定したように指定します。
LAN経由でDMXを取り込みたいなら、ArtnetかsACN

LAN経由で取り込む場合は、DMXking製品のポート設定をDMXin-Artnetか、DMXin-sACNどちらか選んでタッチデザイナー側の設定と合わせて下さい。(USB経由であればどちらでも構いませんが、ほとんどの場合DMXking側はPortAを使用する必要があります)

ArtnetかsACNで取り込む場合は[Local Address]のIPをPC(LANアダプター)のIPを選択してください

【USB、LAN 同時に使用も可能です】

【IN、OUTも混在できます(2ユニバース以上の製品の場合)】

以上のように、様々な組合せが考えられ、
可能性は無限大なところがタッチデザイナーとDMXking製品の組み合わせの魅力の一つです。

今回のソフトでDMXking製品が可能なこと
■USB接続でのDMX IN/ DMX OUT
■LAN接続でのArtnet IN/ Artnet OUT
■LAN接続でのsACN IN/ sACN OUT
※ultraDMX2PROやeDMX2PROはUSB接続とLAN接続は同時に使用ができる上、マージやスプリットなども可能です。
 

-----------------------------------------
動作確認検証ご希望のソフト等ありましたら、お問合せよりご依頼ください。
-------------------------------------------

実際に社内で動作検証をして確認しています。

色々な使い方が自由自在のDMXking製品です。

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930