カテゴリー: ライティング

プロジェクター&スポット照明

パナソニック、照明とプロジェクタを組み合わせたSpace Playerを発表。


プレスリリース
--------------------
これちょっと面白そう。メモメモ。
とおもったんですが、プロジェクションだけなんですね。ダクトレールで使える
てSDカードで運用っていうのは使いやすいか。
あとは明るさですね。1000ルーメンしかないと。今日日の小型プロジェクターが最低でも1500~2000ルーメンはあることを考えると、明るいところでは使えなさそう。

ライトダウンキャンペーンの効果は。

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン2013」実施結果を公表
---------------–
きちんと発表しているんですね、初めて今年知りました。
「夏至ライトダウン」
 日時:6月21日(金)20:00~22:00
 参加施設数:17,771箇所
 削減消費電力量:302,561.78 kWh
 CO2排出削減量:約154t-CO2
「七夕ライトダウン」
 日時:7月7日(日)20:00~22:00
 参加施設数:18,357箇所
 削減消費電力量:329,451.50 kWh
 CO2排出削減量:約168t-CO2
○合計
 参加施設数:36,128箇所
 削減消費電力量:632,013.28 kWh
 CO2排出削減量:約322t-CO2(約23,000世帯の一日あたりのCO2排出量に相当)
---------------—
クールアース・デーのことも。
http://coolearthday.jp/

8月下旬ライトアップ

朱と光幽玄の世界 石清水八幡宮
仙台・八木山動物公園で恒例の夜間営業-園内を幻想的にライトアップ
夜に輝く「竜宮城」…片瀬江ノ島駅
レインボーブリッジ開通20年 虹色にライトアップ
輝くタワー、光の道 砺波・チューリップ公園/富山
越喜来泊・浸水地域 住居跡地をライトアップ
東京の大学など企画  /岩手

夜空に伸びる光の柱 神戸大橋、試験的にライトアップ
光のオルゴール:重文の建築物、夜はカラフル きょうからライトアップ−−奈良 /奈良
小樽・奥沢水源地でライトアップイベント、地域資源への関心促す
ぼんやりアーチ 富山・笹津橋ライトアップ

夏休み。8月上旬に広報された各地の「ライトアップ」をまとめてみました。

夏休みで夜も長い、ということで、ここ10日ほどだけでもこれだけの記事が出てきました。
人が集まりやすい時期に集客になんとか繋げたいという各所の思いがにじみ出るヒット数です。
東寺、エコにライトアップ 今秋・LED導入 /京都
ライトアップ:久松山大文字、きょうから /鳥取
夜の涼楽しんで 藤本滝ライトアップ始まる 薩摩川内市 /鹿児島
周南マルーチェ〜光と海:始まる ライトアップしイタリア料理楽しむ /山口
夜景で目指せ、風物詩 山口・周南で「マルーチェ」
きらめく名勝、夜風涼し 大津・唐橋ライトアップ /滋賀県
三ツ島 光輝く /三重県
輝く「生」のオブジェ 宝塚・武庫川中州 きょうライトアップ 兵庫
ライトアップで錦帯橋黄金色 /山口
ライトアップや花火ショー開催 香川・まんのう公園 /香川
サルスベリ 街路樹見ごろ あきる野市でライトアップ /東京
首都高速、レインボーブリッジの特別ライトアップを実施 /東京
壮大「神庭の滝」峡谷に浮かぶ…試験点灯 /岡山
「大献灯」前に天日干し 大山・大神山神社 /鳥取
「鳥取のLED」PR ライトアップ始まる /鳥取
真夜中は別の顔? 福岡で「夜の動植物園」開催 /福岡
朝倉の三連水車ライトアップ 13~15日 水音も涼しく /福岡
竹灯りでライトアップ /神奈川
灯籠でライトアップ 指宿 /鹿児島
涼感、幻想的に 宮崎・高千穂峡ライトアップ /宮崎
を演出アジサイ500株 きょう極楽寺 初のライトアップ /北海道
岡山城周辺きょうからライトアップ /岡山
岡山後楽園:LED2万個でライトアップ /岡山
浮かぶ“緑の卵” ひたち海浜公園、コキアをライトアップ /茨城
暑い夏の夜に涼感 酒田・玉簾の滝ライトアップ /山形
光で彩る夏の夜 めがね橋ライトアップ /岩手

自分の思い通りの色にライトアップできる、シドニーの橋

シドニーの港を自由に彩れる巨大インスタレーション「カラー・ザ・ブリッジ」

---------------–
オーストラリアのヴィヴィッドシドニーにも参加しているインスタレーション(?)です。
自分の思い通りの色を橋につけられるというもの。
日本でも東京タワーでやったイベントがありましたが、その時の動画を見るとあまり綺麗とは言い難いところ。
なぜかといえば、各々のスマホで操作していたので、(通信に制限をかけなかったことから)色がコロコロと変わってしまって、「今自分が操作している色が出ているのかどうかわからない」ごちゃごちゃになってしまった感が発生してしまっていたから。
比べるとこれは、大きなタッチパッド一つで変わり番こに操作しているのでそんな混乱もなく、落ち着いてカラーも選べます。優秀な専用のインターフェースを作成しているので非常にスムーズに再現が可能という点でとてもきれいです。
日本でもこういうことやってみたいですね。

レーザーの森。

レコ大の照明についての記事(シミュレーションとVectorworks連携)

まるで音と光のショー!? レコ大のライティングはどのように作られているのか
--------------------–
いわゆる歌モノはとても有効なんですよね。ライブ関係とか。
しかしこれが演劇とかだとそう簡単にはいかないんですよね。
あとはダンスとか、『絵』的なものよりも優先されること(例えばダンスなら体の線だったり、演劇だったら表情の微妙な見え方だったり顔・肌の色だったり複数の演者との関係性だったり)が増えていけば増えていくほど、シミュレーションが果たせる役割は減っていくのだなあと感じました。
もちろんそこまでシミュレーションできるようになれば良いですけれどね。まだまだ。

東京の街の灯りをすべて消すとこんな景色が!

街の灯りを消したなら…こんなにも美しい真っ暗な街

http://thierrycohen.com/
--------------------—
東京以外にもたくさんの都市の素敵な星空の景色があるのですが、私は人工物がすごく怖く感じてしまう。
それはなぜかと言うと、灯りと人がいないからでしょう。「灯りと人は切り離せないのだ」ということを改めて感じました。
この写真に灯りだけあっても変に感じるでしょうし、人がいて灯りがなかったとしたらそれはまた変に感じます。
そもそもの写真の趣旨からは外れてしまいましたが、無いものを浮き彫りにさせるという意味でも優れたアート作品だと思います。
-------------------------–
ところで、
インターナショナルダークスカイ協会、なるものも世界には存在します。
これも、本来の夜の暗さを求めて研究しているところです。
本来の明るさを忘れず、光を作るということの意味を考えさえてくれます。

プロジェクションマッピングは建物だけじゃない。

彫像に映像をあてたプロジェクションマッピング
http://vimeo.com/28813227

--------------------—
キューブ状のものはこれまでもありましたが、これは彫像。
より複雑な形になっています。
面白い。
気が付いたのは、投影物が複雑な形になると、多分手間もそれだけかかるんでしょうが、
それにしてはあまり「すごい」とは思えない事。
複雑すぎると、「映像が当たっている」風に見えてきてしまうんですね。
素材のせいもあるとは思いますが。
あと、しょうがないのですが、この高さだと離れて見ないといけないということ。
近くによると人の体で映像がさえぎられてしまうんです。
だからといってあまり高い位置で急角度からというのもとっても大変ですし。
加えて反対側はどうやらプロジェクターが無いので、360度とはいかないところ。
でも一つのプロジェクションマッピングの例としては使い方をアピールする点でとても良いと思います。