カテゴリー: イルミネーション

『イルミネーションは球数(ボリューム)ありき』という考えの終焉。

先日地方へ行った際に、そこでやっていたイルミネーションを見てきました。
どことは言いませんが、規模が大きい割に(○○○万球と銘打っていました)残念な思いをしたイルミネーションでした。
なぜか。不点も多く、飾り付けも雑。施工の仕方も雑。至る所に余計な電線が見える。
飾り付けも統一感がなく、なにかちぐはぐな印象。何も考えず、考える人もいず、ただ飾り付けろと言われたから社員総出で急いで取り付けた、みたいな感じとでもいえば良いのでしょうか。
『どんな風に、どうやって、どの目線で、お客様に楽しんでもらうか、もらえるか』そういった事をめぐらせ、楽しみ、取り組む、そんな覇気が一向に感じられないのです。
○○○万球と言っているのですが、どうみても50万球くらいしかないのではないか、そんな風に見えもしました。
最近イルミネーションのボリュームも各地で増えてきて、百万球は当たり前みたいな状態になってきています。毎年イルミネーションを買い足していくところが多いからなのですが、一方で数が増えただけ取付や施工の手間がかかります。数ばかりに頼っていた企業や自治体は、これに悲鳴を上げ始めています。
当然のことで、取り付けるものが増えれば増えるほど、取付にお金が毎年かかっていくるからです。
毎年数が増えていくイルミネーションに振り回され、逆に『取付にかかる予算』という形で首を絞められているところを見るとなんだか気の毒です。
反対に、きちんと毎年プランニングを考えているところは、球数に惑わされることなく、新しい見せ方、見え方を模索しています。多くはやはり『お客様にどんな提案をしたら喜んでもらえるか』そこを第一に考えているからです。
そんな事を感じながら、やはりイルミネーションは数ではない時がもうきている、プランニングがますます重要になってくるなと考えを再認識致しました次第です。

2011イルミプランした案件、ほぼすべて終了。

今年も某国立公園でイルミネーションデザイン・プランニングをした催しが先日終了しました。
東京ドーム15個分の敷地内に25万球を設置。


これで2011年にかかわったイルミネーションは案件若干を残してほとんど終了。
他にも某被災地でのイルミネーションのアドバイザー的なもので年末少しやりました。
結局実現できなかったですが、こんなパースもすごい合間を縫って書いたり。


光照らす灯台をイメージ。
他にもやってますが、今日はこのくらいで。
また今年も早くも春先には動かなくては行けない案件があります。
ブログ経由での問い合わせも最近増えてきて、ありがたいことです。
イルミネーションも冬だけのものではなくなってきました。
今年もこの分野、力入ります。

イルミネーションがより広い意味で使われるようになってきました。

シャンゼリゼ、節電のイルミネーション
銀座初の本格的なイルミネーション、25日から
-----------------------------------—
今に始まったことでもないですが、イルミネーションをただ飾るより、オブジェ的なものを製作して配置するという手法が流行っているようです。
シャンゼリゼなんかは特に、LEDで光るものであれば、特に従来の「イルミネーション」的でないものもイルミネーションと呼ぶようになるのでしょう。

けやき坂イルミネーション

今年もはじまりましたね。変わらないのも良いことですが、変わり映えしないのはどうかと思います。
難しいですが、『変わり映えしない』のではなく、『変わらない』という意図と明確に伝えられるイルミネーション。
それは私のイルミネーションプランニングの一つの目指す形でもあります。
けやき坂は・・どうでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=0_rmOoFoAYo

エコ・イルミネーションとは。

いや、みんなもう分っていると思いますが、まやかしですね。
エコ・イルミネーションというネーミング、とても気持ち悪いです。
消費電力を約65%カットする”エコイルミネーション”を導入! 『丸の内イルミネーション2010』開催
今年はエコイルミネーション「東京タワー」のクリスマス!!
あと、これは非常に色々残念なことになってます。
http://www.princehotels.co.jp/takanawa-area/advent-christmas/illumi/index.html
太陽光発電で輝く クリスマスecoイルミネーション
とてもいろいろ残念です。これ以上は気が抜けて筆が進みません・・・。