火を使わないファイヤーマシン

下の写真なんですが、火を使わないファイヤーマシンです。
火を使わないので煙も出ない。

その実態は。。

なるほど、という感じですが、これは使うなら使うでそれなりの養生をしないといけない気もいたします。

熱で光るちょっとおしゃれなLEDライト

キャンドルとLEDの光が両方出ている様子はなんだか不思議な気がします。

キャンドルが燃え尽きる時、LEDも消えてしまう。そんな限りある時間を感じられるという感じがなんとも良い感じがいたします。
キャンドルの灯りでは十分に読書などが出来ない時でも、『キャンドルが消えたら寝よう』みたいな使い方も素敵なんじゃないでしょうか。

IKEAのスマートライト

IKEAがAmazon Alexa、Google Assistant、Apple Sireから声で操作できるスマート照明を発表
IKEAのスマート電球がApple、Google、Amazonのデジタルアシスタントに対応します
なんとフィリップスのHueよりも大分価格が安いみたいです。
また、各アシスタントに対応しているので、どのプラットフォールでも使えると。

先日フェイスブック経由で以下のような事を知りましたが、
Philips Hueを固定IPにする

IKEAのも同じような方法で出来ると、様々な機器と組み合わせる事が出来そうです。

これが「未来」というものなんでしょうか。

KOMADEN PRIVATE SHOW

コマデンさんの内覧会にお邪魔して参りました。
さすが電飾超大手のコマデンさんです。

随所にプロフェッショナルな気遣いが見え、大変刺激を受けて帰ってまいりました。

ライトアップしてないから慰謝料よこせという訴訟。

驚きの訴訟内容ですが。

「大阪城が光ってへんやん」真田丸イベント期間中の消灯、近隣住民が慰謝料求め提訴

結局訴えた人が負けたらしいです。

まあ当然と言えば当然ですが、判決文。

『弁論の全趣旨によれば、本件イベントは大阪城の魅力向上の取り組みの一つとして行われたものと認められる。この本件イベントのために大阪城のライトアップが消灯することが、指定管理者であるマネジメント会社の裁量の範囲を超え、違法であると認めるに足りる証拠はない』

読むと「そんな回りくどい言い方しないといけないのか」という感想です。

ライトアップ中止あれこれ

一つ目は「花が咲かない」
ライトアップ中止も…桜開花遅れ、イベント影響

二つ目は「人が来すぎる」
「無法地帯だ」 京都で“花見狂騒曲”……ライトアップ中止に

過去にも「人が来すぎる」影響で、東京駅のプロジェクションマッピングや目黒川のイルミネーション等、近隣住民などの辛味で中止になったものが結構あります。

イベント時には必ずついて回る問題で、予想が付きにくいのもあって一番対策しづらいんだと思います。