驚きの訴訟内容ですが。

「大阪城が光ってへんやん」真田丸イベント期間中の消灯、近隣住民が慰謝料求め提訴

結局訴えた人が負けたらしいです。

まあ当然と言えば当然ですが、判決文。

『弁論の全趣旨によれば、本件イベントは大阪城の魅力向上の取り組みの一つとして行われたものと認められる。この本件イベントのために大阪城のライトアップが消灯することが、指定管理者であるマネジメント会社の裁量の範囲を超え、違法であると認めるに足りる証拠はない』

読むと「そんな回りくどい言い方しないといけないのか」という感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です